「一本勝ち」で私が実際に使って勝っている設定を公開

 発売以来3年以上経った今でも依然好調を維持している「一本勝ち」ですが、設定方法によっては十分なパフォーマンスが発揮できない場合があります。

 このページでは私の設定を公開しています。

 システムですので、そのまま同じように設定してもらえれば、誰であろうと同じようなパフォーマンスを見せてくれるはずです。

EA「一本勝ち」の購入

 まずはEA「一本勝ち」を購入する必要があります。

 「一本勝ち」には50,000円の通常版と35,000円のスタンダード版がありますが、違いは「複利機能の有無」ですので、価格の安いスタンダード版で充分です。

 「一本勝ち」の稼働は週に多くて2~3回程度ですので、lot数の調整は週末に口座の残高に応じて手動ですれば充分です。

  差額の15,000円は証拠金の増強に使った方が良いと思います。

一本勝ち(スタンダード)
トレーリングストップで幸せに一本勝ち(スタンダート版)
トレーリングストップで幸せに一本勝ち(スタンダート版)?|?fx-on.com

lot数の目安

 lot数の目安ですが、私は証拠金10,000円に対して0.01lot(1,000通貨単位)としています。

 証拠金100,000円ならば0.10lot、1,000,000円ならば1.00lotとなります。

 この大きさならば、負けが続いた場合でもストレスなく稼働を続けられます。

 ポジションサイズを上げていれば、結果としてもっと大きな成果が上げられたはずですが、これはあくまで結果論ですし、私は毎日ハラハラしながら相場を見るのは好きではないので、この程度の規模でまったりとやっています。

 なお、あまり大きなポジションをとりすぎると反対に殖えるスピードが遅くなったり、最悪の場合は口座破綻することもありえますので、ポジションサイズは少し小さいかなと思うくらいでやってください。

ブローカーの選択

 これは一番重要です。

 せっかくEAのスペックが高く、良いトレードをしても、FX会社にスプレッドなどで削られると長期的な運用成績が大きく変わってしまいますので要注意です。

ブローカーによる勝敗が入れ替わったりする

 「一本勝ち」はトレーディングストップという、逆指値を切り上げて行く手法を使っていますので、スプレッドができるだけ狭い口座を使わないと、早めにストップに引っ掛かってしまって充分な利益が上げられないことがあります。

 下手をすると、本来は勝ちトレードであったものが負けトレードになってしまったりします。

 そういう点で海外FXにある0スプレッド口座を使うのがおすすめです。

 この0スプレッド口座は取引ごとに一定の手数料がかかりますが、スプレッドは「一本勝ち」が使う円ドルならば0.0~0.1pipsで取引できます。(日本のFXは0.3pips程度)

 手数料がかかるので取引コストはほぼ一緒ですが、このスプレッドの差で勝敗が入れ替わることがありますので、0スプレッド口座の利用は絶対です。 

一番のおすすめはXM社のZERO口座

 XM社は海外FXで日本人の利用NO.1になるほど多くの人に使われており、日本語対応は完璧です。ホームページも日本語で全く違和感なく使えます。

 わからんないことがあってもメールすれば、親切かつ迅速に対応してくれますし、何より日本人顧客が多いのでネットで調べることも容易です。

 XMにはスタンダード口座、マイクロ口座、ZERO口座と3種類ありますが、「一本勝ち」には取引ごとに手数料はかかりますがスプレッドが極めて狭いZERO口座を使用してください。

 XMのデメリットは他社に比べて手数料が少々高いこと(1lot=10ドル)ですが、他社は日本語対応などで少々敷居が高いですので、初めて海外口座を開くならば、まずはここで経験を積んでからにした方が良いと思います。

海外FXに慣れた方にはTradeview Forex がおすすめ

 Tradeview Forex (トレードビューフォレックス)はXMのようにメジャーではありませんが、その約定力と信頼性の高さで海外FX中上級者に高い人気を誇ります。

 特にTradeview ILC口座 はXM ZERO口座と同等かそれ以上のスペックがあるにもかかわらず手数料が1lot=5ドルと半分以下になりますので大変お得です。

 難点は、最低入金額が100,000円以上、最低lotが10,000通貨単位となるほか、レバレッジが最大でも200倍で証拠金維持率が100%以上となり、少額の資金で大きなレバレッジを掛けた取引ができないということです。

 「一本勝ち」における私のポジションサイズ(証拠金10,000円に対して0.01lot)であれば全く問題はないですが、それ以上の運用をしている方は注意が必要です。

 また会社の日本語対応がXMに比べて遅れており、HPの一部が英語表記しかなかったり、説明書きの日本語が理解しずらい部分があったりします。

 その辺りに問題の無い方は、こちらを使ってみるのも良いかと思います。

日本のFX会社ははっきり言って使わない方がいいです

 日本のFX会社はDD(ディーリングデスク)方式と言って、FX会社で顧客の注文を「呑む」ところがほとんどです。

 この場合「顧客の負け」=「FX会社の利益」となります。

 「一本勝ち」はシステム上「逆指値」注文を出していますので、どの水準になったらロスカットするかFX会社にばれてしまっています。

 DD(ディーリングデスク)方式では、スプレッドを一時的に広げるのはFX会社の胸先三寸でいくらでもできてしまいますので、「ここぞ」という場面でそれを使われると、本来勝てるはずだった取引が負けトレードに代わってしまいます。

 全てのFX会社がそうだとは言いませんが、私は以前、2円以上も下に置いていた逆指値を「刈られた」経験がありますので、日本のFX会社を信用していません。

 海外FXの0スプレッド口座はECN方式といって、顧客の注文は自動的に市場に流す方式ですので、そのような不正まがいの行為を心配する必要はありません。

 (海外のFX市場は日本より成熟していますので、そういう不正を多くの人が監視していて、いったん事があると業者の評判は一気に悪くなってしまいます。)

VPSの利用は必須

 「一本勝ち」などのEAはMT4というプラットフォーム上で稼働します。

 自分のパソコンにMT4を入れて稼働させることも可能ですが、パソコンの故障や停電、家族が触ってMT4を閉じるなどのリスクがありますので、VPSを借りて稼働させるのが普通です。

 VPSはいろいろな会社がありますが、どこもあまり値段やサービスは変わりませんので、大手で利用者の多いお名前COM を使うのが良いと思います。

 利用者が多いということは、その分ネットにトラブル対応や間違いやすい点などの情報が多く出ていますので、何かあった時に調べやすいかと思います。

 VPSは取引の手段として必須ですが、目的ではないので、多少高くても大手のここを素直に使っておくべきかと思います。

 なおプランですが、将来的にも「一本勝ち」以外使う予定がないならば「ライトプラン」、もし他にも使う可能性があるならば1.5Gプランが良いと思います。(これ以上は余程使う方でないと必要ありませんのでもったいないです。)