一本勝ち複利運用検証中

一本勝ちの複利運用で10万円→1億円を目指します。

「豪カナーダAUDCAD」を実際に購入して検証してみた

f:id:mako_pee:20190407134048p:plain

 圧倒的な勝率で人気の「ユーロエーン」の姉妹EA「豪カナーダAUDCAD」を自費で購入して検証を始めました。

 ナンピンするにつれてlot数が増えていく、非常に危険なeaですが、「破綻しなければ」圧倒的なスピードでお金が殖えていきます。

 今回、私はこのEAをXMマイクロ口座で極小の単位で動かしています。 どのくらいのパフォーマンスを見せてくれるか楽しみです。

「豪カナーダAUDCAD」運用実績

 利用口座:XMマイクロ口座

 最低単位:0.02  

 XMマイクロ口座は1lot 1,000通貨単位なので20通貨単位

 VPS:お名前.com デスクトップクラウド

 EAの初期設定のTPが100となっているため、初期設定のままでは最初のポジションがプラスだとなかなか決済しません。

 この値を下げるか、ポジションが2つ以下の場合はある程度に利が乗ったら手動で決済した方が良いかもしれません。

「豪カナーダAUDCAD」とは

豪カナーダ AUDCAD は長期的に大きな利益を上げる事に特化したEAになっております。?|?fx-on.com

 マイナー通貨同士のペアである「豪ドル/カナダドル(AUDCAD)」を売り買い両方の方向でナンピンしていきます。

 現在は「売り」で入っているようで「買い」でポジションを取る雰囲気はありません。

 相場のどこかを見て判断しているのでしょうか。

 ナンピン数は最大50に設定されているようで、ナンピンの幅はきっちりと決まっているわけではないようです。

 これまでのポジションを見る限り、0.0005(5pips)程度でナンピンしていくようですので、50枚買い上がりと0.02程度までのナンピンとなります。

 現在のAUD/CADは0.9525程度ですので0.9725くらいまでの買い上がりとなります。 ナンピンは1枚ごとに0.1倍になるようですから、最後の50枚目は当初のlot数の107倍になる計算です。

海外FX XMのマイクロ口座で「安全」に運用

 このナンピン倍率では1,000通貨単位で始めても、50枚まで行ってしまうと107,000通貨単位となります。

 これが50枚累計されていきますので大変なポジションサイズになります。

 スキャルピング系のEAではこのくらいのポジションを取ることはありますが、ナンピン系EAでは、それまでの含み損に加えての新たにポジションですので大変なリスクになります。

 FXの売買で「気になって夜も眠れない」という状況にはなりたくありませんので、10通貨単位から売買できる海外FXの「XMマイクロ口座」を使っています。

XMマイクロ口座」の1lotは1,000通貨単位ですので、初期設定の0.02ですと20通貨単位でのスタートとなります。

 この規模ですと50枚まで買い上がっても最後のポジションでも2,130通貨単位、累計で23,280通貨単位で済みますので、10万円あれば1.02AUD/CADくらいまで頑張れる計算です。 (過去5年のAUD/CADの最高値は1.0224ですので、その値まで「戻りなし」で一直線に豪ドル高になる確率がかなり低いと思いますし、そうなっても追加で入金するという手もあります。)

  XMでは入金累計500ドルまでは100%の入金ボーナスがもらえます。ただしIBを経由するともらうことはできません。

 このEAのようなナンピン系EAはキャッシュバックよりも証拠金が増えるボーナスの方が有用ですのでIBを通さずに口座開設してください。

XMのロイヤリティポイントをうまく使う

 XMにはロイヤリティポイントというサービスがあり、10万通貨単位の売買をすると最大で20XMPもらえます。

 20XMPは6.67ドル(約730円)相当のボーナスに交換できます。

 ボーナスに交換したら、 ①ボーナスを口座に入れて証拠金を増強する。または ②取引口座から360円(+360円分のボーナス)を他の口座に移してから、ボーナスを入金する。(破綻リスクを考え現金を退避させる) のどちらかを行うことになるかと思います。

 私のおすすめは②で、取引で得た利益と同時に他の口座に安全に退避させてしまい、初めに入金した50,000円をまずは回収しておくのが良いと思います。

 この戦術は「高頻度取引」をする「豪カナーダAUDCAD」だからこその技ですので、うまく活用できればと思います。

あわせて読みたい

www.ea-fx.xyz