FX自動売買運用報告(一本勝ち複利運用検証中)

小さいリスクで安定的に勝てるようなポートフォリオを組むようにしています。

海外FX自動売買の始め方を解説

 FXの自動売買をやってみようと思う方も、始めるにはなかなか敷居が高く躊躇している方が多いのではないでしょうか。

 思いつくだけで「海外FX口座」「キャッシュバック」「VPS」と日本のFXにはないものばかりで戸惑ってしまいます。

 私も始めるにあたり、ネットでいろいろ情報を調べましたが、最初のうちは訳が分からず、今思えば、あまり良質でないものに手を出してみたりと、随分回り道したものだと反省しています。

 特にネットの情報の中にはアフィリエイト目的に利用者のためにならない情報を流しているサイトも多く見受けられ、うっかり、それを信じてしまうと、結局は損な取引をさせられて、また振り出しに戻るということが多々ありました。

 そういう失敗を踏まえて、FX自動売買を始める方に。私が現在使っている環境とその始め方をお伝えしようと思います。

f:id:mako_pee:20180414142403j:plain

 

シストレ24はなぜダメか

 自動売買というと「インヴァスト証券」の「シストレ24」が一番目に付くと思います。

 何しろ難しい設定は全てFX業者側でやってくれて、自動売買ソフトを買うお金もVPSを契約する手間もお金も必要ありません。

 私もそれに釣られてやってみました。しかし3か月くらい取引したところで次の点に気が付きました。

①「投資助言報酬」という謎の費用がスプレッドに含まれるため取引がとても不利になり、結局は勝てないということ。

②最低売買単位が5000通貨単位と大きく100万円以上の証拠金がないと取引の継続ができないということ。

 実際に取引してみるとわかりますが、何しろお金がどんどん減っていきます。

 致命傷にならないうちに取引をやめて、次に移ることにしました。

 そして、結局は世の中うまい話はないということで、面倒くさいところは自分でやり、自動売買ソフト(EA)やVPSの初期投資もすると決めた次第です。

FX自動売買の概要

 FX自動売買に必要なものは「海外FX口座」「VPS」「EA」の3つです。これに加えて「海外FX口座開設時にキャッシュバックの利用するかどうか」という要素が加わります。

 それではひとつづつ見て行きましょう。

海外FX口座 

 これがなければ取引できませんので、どこか開設する必要があります。

 私は日本のFX業者ではなく、海外の XM というFX業者を使っています。

 日本のFX業者に比べてやはり外国の業者なので初めは使いづらい点もありますが、それを踏まえても断然使うべき理由がXM にはあります。

①  XM には「追証」がない。

 XMでは相場の急変で口座の残高がマイナスになっても追証を求められることはありません。「0カット」というサービスで、その場合はすぐに口座残高が0に戻ります。

 FXで問題になるのは常にこの「追証」の問題ですので、これがないというのは実際上も心理的にもとても大きいです。

 FXの自動売買は何しろシステムがプログラムに応じて勝手に売買しますので、これが暴走したり、コンピュータ環境が遮断されてシステムが停められないという不測の事態がありえなくはありません。

 そういう場合でも「最悪でも借金にはならない」という保証はとてもありがたいです。

②レバレッジは最大888倍と大きい。

 日本の金融当局にとかく目を付けられているレバレッジですが、先ほどの「0カット」と併せると、実は利用者のためのサービスとわかります。

 利用者の最大の損失は口座残高が0になることですから、レバレッジが大きいと、実は入金する額が少なくて済むというメリットがあります。

 この2点を考えると、レバレッジが最大20倍で、しかも追証まで求められる日本のFX業者を私は怖くて使うことができません。

 また、XMには通常口座の他にZERO口座・マイクロ口座と3種類の口座があり、使うEAによって使い分けができるのも魅力です。

⇒  XMの公式ページを見る 

③スプレッドの広さはキャッシュバックの利用で実質的に解消

 なおデメリットとしてXMなどの海外業者は概してスプレッドが大きいです。

 これについては TariTali  というキャッシュバック業者を介して口座を開設することで、取引ごとにスプレッドの一部を現金で返してもらうことができます。 

 そうすることで実質的に日本のFX業者と変わらない条件での取引が可能となります。

 なお、TariTali以外にもキャッシュバック業者はありますが、①私が知る限りで最もキャッシュバック率が高いこと、②私が自分でも使っていて、これまでトラブル等が一切なく自信を以っておすすめできることから、こちらのみをご紹介しています。

⇒ TariTaliの公式ページを見る  

EAを購入する

 好みのEAを購入していただければ良いですが、再三このブログで書いているとおり、見た目は派手で宣伝文句は立派ですが、実は素晴らしいのは直近の成績だけで、長い目で見ると全く勝てないEAがたくさんあるので要注意です。

 EAは安くても一万円以上するものが多いですので、変なものを掴まされないようにしてください。

 私は一本勝ちというスキャルピング系のEAを使っています。

 これまで30本以上のEAを身銭を切って動かしてきた私ですが、このEAほど安定して勝ってくれるEAを知りません。

 私が買った時は発売当初で9,999円だったのですが、その後売れに売れて値上げされてしまい今では50,000円します。

 それでもその価値は十分にあると思います。

⇒ 一本勝ちの公式ページを見る

 そのあたりの事情を別のページで書いていますので参考にしてください。

www.ea-fx.xyz

 

VPSを契約する

 EAを使うには自分のパソコンでも動きますが、停電やパソコンの故障などのリスクを考えてVPSを使うのが一般的です。

 VPSにも高いのから安いのまでいろいろあります。

 しかし多少の金額をケチって、使い方がわからなかったり、設定に時間がかかったりすると、せっかくの取引機会を逃してしまうのは本末転倒です。

 ここはお金を節約するよりも、最も一般的に使われている GMOインターネット株式会社の【お名前.com デスクトップクラウド for FX】を使ってトラブルなく接続するのが良いと思います。

⇒ お名前.com Windowsデスクトップ

 プランには、メモリの大きさにより1Gからのプランからあります。

 普通に使う分には1Gプランで十分かと思います。ただしEAを同時に5本以上動かすとなると1Gだとかなりきついです。

 プラン変更すると設定を1からやり直しになりますので、初めからたくさんのEAを動かすことがわかっている方は余裕をもって2Gプランの方を契約した方が良いと思います。

⇒ お名前.com デスクトップクラウド のサービスが改訂されて1Gプランが値上げになりました。1.5Gプランというのが新たに投入され、これが料金と性能のバランスが一番良さそうです。

 またこれも新たに投入された「ライトプラン」というのが最安で便利ですが、このプランですとMT4を一つしかインストールできませんので注意が必要です。

⇒ お名前.com Windowsデスクトップ

取引を開始する

 全てそろったら取引を開始できます。

 一番時間がかかるのはFX口座の開設ですので事前に開設しておくのが良いでしょう。

 なおXMですと、すぐに開設が可能ですので早く取引をしたいという方はこちらを選ぶと良いでしょう。

入金する

 私はXMですのでそれに沿って説明すると、クレジットカードで10万円入金しました。XMは日本のFX業者と違ってレバレッジが最大888倍ですのでこれだけ入れておけば十分です。

 日本の金融当局はすぐに投資家保護のためと言ってレバレッジを制限しますが、本来はレバレッジを大きくしてXMのように追証なしにした方が安全かと思います。

 今の日本のルールは投資家の保護ではなく、業者が取りはぐれないための「業界保護」かと思います。

VPSに接続する

 お名前.com Windowsデスクトップのマニュアルに従ってVPSに接続してください。VPSとはリモートで接続できるパソコンと考えればよいと思います。 

 接続出来たらインターネットエクスプローラーを開いてXMのホームページにログインします。ホームページからMT4のソフトをダウンロードしてください。

 MT4をダウンロードしたらXMの口座にログインします。ログインするには指定されたXMのサーバーを指定する必要があります。口座を開設したときに受け取るメールに記載してありますので確認してください。

  MT4で指定のサーバーが出ない場合は少々操作が必要です。こちらの方のサイトに詳しく出ていますので参考にしてください。

XM Trading MT4のログイン時にサーバーリストがない場合の対処法。(サーバースキャンする方法)

EAをインストールする

 FX-ONの自分のページから購入したEAをパソコンにダウンロードします。MT4へのセットの仕方はEAの説明書きまたはFX-ONのページに書いてありますので、よく読んで設定してください。

 1lot=100,000通貨単位ですので、単位設定に注意してください。1,000通貨単位の場合は0.01と設定します。

 なおEAが動かない場合に良くあるケースについても別のページに記載してありますのでトラブルが起きた際は参考にしてください。

www.ea-fx.xyz

 以上で、自動売買の設置は完了です。

 ただし初めのうちは思わぬことで躓いたりしますので、わからないところがあれば質問していただければ、わかる範囲でご回答いたします。