シストレFX実戦報告

EAを使ったシストレFXのブログです。

50,000円でも「一本勝ち」をおすすめする理由

EA界で破格の出世をした「一本勝ち」

 「一本勝ち」はGogoJungle(旧FX-ON)の人気ランキングから姿を消してしまっています。これはシステムが陳腐化したわけではなく、50,0000円と言う破格の値段に原因があると思われます。

 もともと9,999円で発売された「一本勝ち」ですが、その実績からか売れに売れ、その間に相次ぐ値上げがあった結果、ついには50,000円にまで達しました。当初から5倍の値段になった訳でここまで短期間に出世したEAを私は知りません。

 その結果、最近では売り上げが落ち着いたわけですが、私はこの価格でも買いだと思います。 

一本勝ちの公式ページはこちら 

50,000円でも「一本勝ち」を「買い」とする理由

①フォワードの成績が長期的に勝っていることの重要性

 私がEAを調べるときに一番気にしているところはそのEAが発売を開始して以降に「長期的」に好成績を残せているかというところです。

 EAの発売ページを見ると「バックテスト〇〇年で~倍」とかいう宣伝文句が並びますがこれ真に受けてはいけません。過去にどれだけ勝っていようともこれから勝つ保証はまったくありません。ひどい場合になるとそのEAを過去の相場の動きに合わせてうまく活用に設計している可能性があるからです。

 例えばアベノミクス以来、株式市場ならば株高に、円ドル市場ならば円安に一方的に動いているわけですが、システム設計をそれに合わせて作っておけば、それはそれは優秀なEAが出来上がる訳です。そこまで露骨ではなくても極端な株安にならない、極端な円高にならないとさえ分かっていれば、かなり有利なシステムを作ることができます。これを一般に「オーバーフィッティング」と言います。

 「オーバーフィッティング」させたEAを華やかな宣伝文句で発売して、そこそこ売れればEAは値段が高いのでそれなりの利益が出るでしょうし、仮に短期間でも好成績を残せればかなりの数が売れて大儲けということにもなります。

 過去にこういう経過を辿ったEAはたくさんあり、たくさんの方が大きな期待を持って購入し、そして結局は苦い思いをしてきました。華やかにデビューして今も好成績を残し続けているEAはほとんどありません。したがって現在売れているEAもそうではないという保証は実はあまりないのです。 

 そういう意味でもフォワードの成績が「長期的」に勝っているEAでないと、私は怖くて使う気になりません。

②フォワードの長期的成績の調べ方

 GogoJungle(旧FX-ON)のシステムトレードのトップ画面に「システムトレード検索」とありますので、そのすぐ右の「詳しく検索する」を押すとEAを好きな項目順に並び替えられるページになります。

 そこで「計測期間」を「全期間」にして「収益率」順にソートすると「長期的」に勝っているEAがすぐわかります。本日現在の順位は以下の通りとなります。

1位:Skyfx 金トレ5号

2位:ZIPANG5 GOLD(H1)

3位:RijingLiteAUD

4位:一本勝ち

5位:EA_Tukuru009_USDJPY(H1)

6位:tagosaku mom USDJPY

7位:tagosaku adx USDJPY

8位:梓弓_USDJPY

9位:トレンディワン Pro

10位:MB-TradingSystem

③「一本勝ち」が実質1位

 まず1位と2位のSkyfx 金トレ5号ZIPANG5 GOLD(H1)はともに金・ドルという特殊な取引ですし、3位の RijingLiteAUDは一般販売はしていないEAですので除外しますと、実質的な1位は私がおすすめする一本勝ちです。

 ここ数カ月は足踏み状態が続いていますが、それまでは大きな損を出すことなく右肩上がりに勝ってきていますので「信頼性」という点ではとても高いものかと思います。

 ここでネックは50,000円という驚き価格ですが、1本20,000円のEAを3本買って失敗するよりは「信頼性」の高いものを1本買う方が確実ではないかと私は思います。

一本勝ちの販売ページを見る 

④代替のEAを探して見る

 それでも50,000円はかなりの金額ですので代替のEAを探すとすると、6位以下を見るよりも同じ作者さんのEAで安いものを探した方が良いでしょう。

 まずは同じ一本勝ちですが、複利機能を除いた廉価版一本勝ち(スタンダード)は35,000円と少し買いやすくなっています。複利機能がなくても手動でLOT調整すれば済む話ですのでこちらを買うのも良いかと思います。

 一本勝ちもそもそもは当時から実績のあったColor Your Life V2 (こちらも素晴らしいEAです)の安価版のような位置づけでしたので二匹目のどじょうがいるかもしれません。

 上がり3ハロン という今年(2018年)1月に発売されたEAは、販売ページを見る限り一本勝ちColor Your Life V2 を踏襲してパラメーターを少しいじったEAのように見受けられます。奇しくも価格は一本勝ちの発売開始時と同じ9,999円ですので、こちらを使ってみるのも良いかと思います。

⑤5位以下のEAの解説

 せっかくなので5位以下のEAの解説をしておきます。

 5位:EA_Tukuru009_USDJPY(H1) ナンピンのマーチンゲールのようです。私は買いません。

 6位:tagosaku mom USDJPY、7位:tagosaku adx USDJPY ともに同じ作者さんのトレンドフォロー系EAです。この系統のEAは連敗が続いて心が折れがちですが、このEAはマイルドな造りで比較的安心して運用できます。ただし円ドルでは成績が良いのですが他の通貨間ではマイナスになっていたりするのでシステムの堅牢性が少し心配です。

 8位:梓弓_USDJPY 今かなり売れているみたいです。販売ページを見る限りどこにシステム上の優位性があるかよくわかりませんが、要は勝てばいいです。フォワード期間が12カ月と少ないのでもう少し様子を見たいところです。

 9位:トレンディワン Pro トレンドフォロー系みたいなネーミングですが勝率が 82.76%と高すぎるのでスウィング系EAでしょう。損切が深いのでどうでしょうか。私の好みではありません。

 10位:MB-TradingSystem マルチ通貨対応でなかなか良さようなので買おうかとも思ったのですが書き込みの評判が今一つなので辞めました。 

 全て私の個人的見解で正確性を保証するものではありません。購入は自己責任でお願いします。

一本勝ちを稼働させるときの注意点

スプレッドの狭い口座を使う

 一本勝ちのようなスキャルピング系のEAはブローカー(FX業者)のスプレッドにより成績に大きな違いが出ます。

 タッチの差で利益を確定できないとその後相場が反転し負けトレードになる可能性があります。また反対にタッチの差で損切りを避けられればその後勝ちトレードになる場合もあります。

 小さな利益を積み上げて行くスキャルピング系のEAではこの差は非常に大きいですのでできるだけスプレッドの狭いブローカーをお使いください。 

XMのZERO口座がおすすめ

 海外のFX業者ならXMのZERO口座が良いでしょう。(私も使っています。)

XM ZeroスプレッドFX口座

 XM ZERO口座は取引ごとに手数料がかかりますが、その分スプレッドが最小で0と極狭ですので、一本勝ちなどのスキャルピング系のEAに適しています。

 XMを含め海外のFX業者は、大きな損失を出した場合でも証拠金以上の負担が求められない追証なしのサービスが一般的です。EAが知らない間に発注を出すシステム売買にはソフトの誤作動やサーバーの故障などのリスクがありますので追証を求められないというのは大きな安心です。

 XMは2015年1月の「スイスフランショック」の時でも何事もなかったように0カットを実施した実績がありますので、玉石混合の海外FX業者の中で一番安心できる業者であると思います。

XM ZER口座はTariTali経由での開設がお得。

 なおXM ZERO口座をキャッシュバック業者のTariTali経由での開設すると手数料の一部をキックバックしてもらえますのでお得です。

 円ドルを10000通貨単位の売買をすると、手数料は現在のレートで110円ですが、そこから44円キャッシュバックされますのでTariTali経由で開設しないと損です。現在直接申し込んでいる方、他の業者経由で申し込んでいる方でも変更可能ですので是非ご検討ください。

TariTaliの公式ページを見る  

 詳しくお知りになりたい方はこちらに書いていますので参考にしてください。

www.ea-fx.xyz