海外FXの先達

海外FXはTariTali経由でキャッシュバックをもらわないと損します。

Tradeview ILC口座のレバレッジを200倍に上げる方法

 低スプレッドで手数料最安のTradeview ILC口座のレバレッジはデフォルトで100倍です。

 あまりハイレバ取引はしない方なので、これまでそのままで使っていましたが、複数のEAが同時稼働すると心もとないので、200倍に上げることとしました。

 XMのようにHP上だけで完結すると簡単なのですが、こちらは申請が必要ですので、その方法をご紹介します。

Tradeview公式ページを見る

問い合わせで申請するだけ 

 会員ページ内にレバレッジ変更の画面はありません。

 ホームページのTOP画面に「お問い合わせ」と大きくありますので、ここから申請します。

f:id:mako_pee:20200111105532p:plain

 右上の青く囲った部分の「お問い合わせ」から行ってください。

 この画面が出てきます。

f:id:mako_pee:20200111105742p:plain

 ここで自分の名前とEメールを記載し、お問い合わせ内容のところに自分の口座番号を書いた上でレバレッジの変更したい旨を書いてください。

 文章を考えるのも面倒な場合は私が申請した文章を書いておきますので参考にしてください。

いつもお世話になっています。

口座番号〇〇〇〇〇〇 の 「●●●●」 です。

私の口座のレバレッジを200倍に変更したく申請いたします。

よろしくお願いします。

数日で変更完了のメールが来る

 申請するとサポートデスクの方で「遅滞なく」処理してくれるようです。

 日本と海外では時差などもありますから「即時」というわけには行きませんが、そおれほど時間がかからずに変更が完了しました。

 完了するとその旨のメールが送られてきます。

f:id:mako_pee:20200111110918p:plain

  とても簡単でした。

ホームページ上に変更画面がない理由(推測)

 単純にホームページ作成のコスト面の問題かと思います。

 たくさんページを作るとそれだけ複雑になりますから、制作費の他にメインテナンスの費用もかかります。

 あまり頻繁にない動作はシステム化せずに「お問い合わせ」で人力で処理した方が「安くつく」からかと思います。

 ですから「会社側はレバレッジを上げさせたくないのではないか」などと遠慮する必要はないかと思います。

 レバレッジを上げれば、証拠金不足でロスカットされる可能性がそれだけ減りますので是非ともやっておくべきかと思います。

Tradeview公式ページを見る

Tradeview ILC口座は一押しの海外口座

 冒頭に触れましたが、Tradeview ILC口座は低スプレッドで、かつ手数料は私の知る限り最安で、私もメインの口座としてつかっています。

 手数料は通常ドル建てで計算されますが、Tradeviewの円口座ではドル円の換算が1ドル100円で計算されますのでさらにお得になります。

 また朝の時間帯のスプレッドもXMなどに比べて拡がりずらいです。朝スキャはスプレッドの広がりが勝敗の大部分を占めますので、この差は非常に大きいです。

 難点は最低取引単位が0.1lot(10,000通貨単位)であることですが、 Flashesや一本勝ちなど単ロットのEAならばあまり問題にはならないかと思います。(10,000通貨単位以上ですので11,000などでは取引可能です。)

 ボーナスなどの特典はありませんが、それは経費の全てを取引環境の改善に使っているからで、硬派なトレード勝負の方には最適なブローカーであると思います。

Tradeview公式ページを見る

TariTali経由の口座開設でさらにお得に

 キャッシュバックサイトのTariTaliを経由して口座開設すると、通常1lot往復5ドルの手数料のうちさらに2ドルキャッシュバックしてもらえます。

 結局のところ実質的な手数料が往復3ドルになりECN口座としては「破格な」安さになります。

 海外FXですから万一口座が破綻した場合でも「0カット」されるサービスまで付いていますから、正直なところ10,000通貨単位以上でトレードするならばTradeview ILC口座一択ではないかと思っています。

TariTali経由のTradeView口座開設はこちら