FX自動売買運用報告

FX自動売買の実際の運用成績を公開しています

オセアニアブラザーズで安定的に稼ぐための推奨設定

オセアニアブラザーズとは

オセアニアブラザーズ複利×リピート=爆益!PF200超え!予想するものを「相場の動くレンジ」にすることで予想的中率を跳ね上げ、時間がかかるというリピート系FXの欠点を複利で補います。 | GogoJungleは回帰性が強いオーストラリア・ドル(豪ドル)とニュージーランド・ドル(NZドル)の通貨ペアを対象にしたリピート系のEAです。

この両通貨は非常に相関性が強く、作者さんによると2013年11月から2020年8月までの7年近くもの間、高値が1.14付近安値が1.00付近で、わずか1,400pipsの値幅を行き来をしているそうです。

この性質を利用して「買いは1.067以下で売りは1.06以上で」ポジションを取り、各ポジション20PIPSごとにポジションを取り、それぞれ20PIPS取ったら利確していくことを繰り返します。

もちろん相場ですから、このレンジを抜けてしまう可能性は0ではありませんので証拠金に余裕を持っておくことは必要ですが、他の通貨ペアに比べれば非常にリスクは低いかと思われます。

実際に2022年のウクライナ情勢に伴う資源価格の上昇によってオーストラリアドルが大きく値上がりし、作者さんの推奨設定では価格の上限に達してしまい破綻された方もいたようです。

私もこのオセアニアブラザーズ複利×リピート=爆益!PF200超え!予想するものを「相場の動くレンジ」にすることで予想的中率を跳ね上げ、時間がかかるというリピート系FXの欠点を複利で補います。 | GogoJungle を実際に動かしていますが、作者さんの推奨以上のディフェンシブな設定をしていましたので、全く危なげなく推移しています。

このEAのようなトラリピ系は破綻させないような余裕を持った運用が必要で、欲をかかずにこれを守れば「聖杯」に近い活躍をしてくれます。

オセアニアブラザーズ

複利×リピート=爆益!PF200超え!予想するものを「相場の動くレンジ」にすることで予想的中率を跳ね上げ、時間がかかるというリピート系FXの欠点を複利で補います。 | GogoJungle

複利機能で一機に増やす

このオセアニアブラザーズ複利×リピート=爆益!PF200超え!予想するものを「相場の動くレンジ」にすることで予想的中率を跳ね上げ、時間がかかるというリピート系FXの欠点を複利で補います。 | GogoJungle の優れた点は通貨ペア選択の秀逸性の他にもう一点あります。

それは「複利機能」を実装していることです。

この複利機能を用いることで、勝てば勝つほどロットが増していって資金増加速度が速くなっていきます。これは有効証拠金に対して計算されますので、海外FXの入金ボーナスや取引ボーナスも算入されるので少ない資金でも雪だるま式にお金が積み上がっていくシステムです。

余裕資金があれば口座に追加で入金すれば、さらに加速度的に増えていきますので、とても夢があります。

オセアニアブラザーズ複利×リピート=爆益!PF200超え!予想するものを「相場の動くレンジ」にすることで予想的中率を跳ね上げ、時間がかかるというリピート系FXの欠点を複利で補います。 | GogoJungle

XMマイクロ口座できめ細かい複利運用を

XMマイクロ口座が最適

利用口座はXMマイクロ口座しかありえないといっていいでしょう。

先ほど述べたように、口座破綻が一番のリスクですので、そうならないよう出来るだけ小さいロットで稼働させる必要があります。

通常のFX口座では最低単位は1000通貨単位ですが、XMマイクロ口座では10通貨単位からトレードできます。

この一点だけでもXMマイクロ口座を使う価値があります。

それに加えて、新規の方ならば口座開設するだけで3,000円のボーナス。さらに50,000円入金するとボーナス100%が付いて103,000円が有効証拠金になります。

ボーナスがあることで、万が一口座が破綻したときでも実損失が抑えられますので、資産保全の観点からも非常に重要です。

なおマイクロ口座の最低単位は10通貨単位ですので、100円プラスになるごとにポジションが大きくなります。通常の口座ですと最低が1000通貨単位ですので、100,000円増えて2000通貨単位になるまで複利効果は出ませんが、このマイクロ口座ですとすぐに効くのがうれしいところです。

さらにXMでは取引量によってもさらにボーナスが付与されますので、すぐに口座に加えることにより、どんどん有効証拠金が増えて行く仕組みです。

このEAの肝である複利効果を最大限発揮させる意味でも、利用口座はXMマイクロ口座一択と言っていいでしょう。

XMマイクロ口座

0カットシステムも非常に重要

XMなど海外FXでは、口座が破綻した場合には入金額以上の補填は求めない「0カット方式」が一般的です。XMは、かのスイスフランショックの時でも何事もなかったかのように0カットを実施した会社ですので非常に信頼がおける会社と思っています。

リピート系のような常に破綻と隣り合わせのEAを稼働させる場合はXMを使うのが安心かと思います。

XMマイクロ口座

オセアニアブラザース推奨設定

さて本題の推奨設定をご紹介します。

このEAの設定で重要なのは複利係数です。

マイクロ口座の場合の複利係数は1,000となっていますが、これでは今回危ないところまでいったようです。私は安全を見てこの半分の500でやっています。

順調なうちは、これでは物足りずに係数を上げたい欲求にかられますが、ポジションが積みあがると一気に証拠金がなくなっていきますので絶対に守ってください。

またさらに資金的に余裕のある方は300とか200にするとより安全性が高まります。

また初期設定では売り買いともに価格ゾーンを設けてその外側に出た場合は2倍のポジションを取ることなっています。

確かに大きく上げている場面ではたくさん売りたいところですし、反対に大きく下げた場面ではたくさい買いたいところです。

しかしこのEAも目的は「安定的に稼ぐこと」で、口座破綻は絶対に避けなければなりません。破綻する可能性があるのは大きく上げた場合、大きく下げた場合のみですから、ここで利益を取るために2倍のロットを張るというのはいただけません。

私はここも1倍とロット上げをしない設定をして、できるだけ長く安定的に稼ぐことを優先しています。

なお、このようにロットを上げないことにより、最大ポジション数を50程度まで大きく設定できるようになりますので、より広いゾーンでのトレードが可能になります。

オセアニアブラザーズ