私がXM Tradingをメインに使っている理由

 私はメインの口座として海外FXのXM Tradingを使っています。

 このXM Tradingにはとても便利なところがたくさんあり、とても気に入っているのですが、海外FX通の方の評判は芳しくなく、もっとプロ好みのブローカーを使っている方もいらっしゃいます。

 私のそれらの会社でも口座を持っており、一時は本気で移転も考えましたが、結局はXM Tradingに落ち着いています。

 そうなった理由をここでお話ししたいと思います。

f:id:mako_pee:20191001231840p:plain

とても便利なマイクロ口座はXMだけ

 何だかんだでXM Tradingの口座を使っているのは、この「マイクロ口座」の存在が大きいです。

 通常の口座では1,000通貨単位からのトレードになりますが、この「マイクロ口座」では10通貨単位から取引できます。

 海外FXで同種の口座を知りませんので、私はXM Tradingで口座を開設する必要があるのです。

 私はProgress2やFolex Flex EAのようなナンピン系のEAも好きなので小さい単位からトレードできるのは非常に有難いです。

 人気の「ユーロエーン」を使っている方も、口座破綻を避けるためにも、このマイクロ口座をおすすめします。

 また小さい単位の取引だけでなく、1,100通貨単位などの細かい単位でのトレードもできますので、複利運用をするときにも便利です。

 なおマイクロ口座を使う場合はTariTaliなどのIBを使わずにXM Tradingに直接申込をすると最高100%の入金ボーナスが付きます。

 マイクロ口座を使うレベルの規模のトレードであれば、キャッシュバック額も知れていますから、ボーナスをもらって証拠金を増やしてより大きなトレードをした方が良いでしょう。

ZERO口座はキャッシュバックを使えばコスト高ではない

 ナンピン系ではないEAを使う場合はスプレッドができるだけ狭い方が取引上有利ですので、ECN口座を使うようにしています。

 XM ZERO口座は取引ごとにかかる手数料が他社に比べて高いので敬遠される向きもありますが、TariTaliなどのIBを使ってキャッシュバックを受けると、実はそれほど変わりません。

 以下はTariTaliを経由して口座開設した場合のコスト比較です。(1ロット当たり)

XM-ZERO口座      5.5ドル 

TitanFXブレード口座   5.8ドル

AXIORY MT4ナノスプレッド口座   4.6ドル

Tradeview Forex ILC口座  3ドル

 XM-ZERO口座は少なくともTitanFXブレード口座より安いですし、AXIORYは約定の際の「滑り」が気になります。

 Tradeview Forexは圧倒的にコストは安いですが、取引単位が0.1ロット(10,000通貨単位)からですので、メインで使う口座としては敷居が高い気がします。

 そう考えると多少のコストには目をつむってXM-ZERO口座を使うのがいいかなと思っています。

8口座まで開設でき資金移動が簡単

 スキャルピング系EAはZERO口座、ナンピン系EAはマイクロ口座を使っていますが、稼働させるEAの数や取引の状況にって資金お互いにを融通できる方が、資金効率を高めることができます。(口座破綻した場合に、0カットがあるので、できるだけ口座には残高を置かない方が良い)

 マイクロ口座の開設は私には必須ですので、他の口座と資金の融通ができるのは非常に望ましく、結局はZERO口座も開設することとなります。

 資金移動はクリックするだけで即座に反映されますのでとても簡単です。

XMアフィリエイトで得た資金が使える

 XM Tradingにはアフィリエイトがあり、紹介でXM Tradingに登録した人がトレードするたびにLot Rebateと呼ばれる報酬が支払われます。

 私のこの弱小ブログからでも少数ですが登録してくださった方がいて、毎週いくらかの収益が上がっています。

 この報酬は

・直接出金する。

・保有口座に組み入れる

 の2通りの処理ができますが、保有口座に組み入れますと、入金ボーナスの限度額とは別に20%のボーナスが付きます。(ZERO口座は除く)

 入金ボーナスの上限が5,500ドルですが、こちらは無制限につきますので、とても重宝しています。

XMアフィリエイトパートナー口座を登録する

結局は利便性が高いから

 確かにXM Tradingはコスト面でもスプレッド面でも最優秀というわけではありません。

 しかし海外FXにおける口座開設の手続きや入出金の管理などは結構な手間となりますので、これを少しでも減らしたいところではあります。

 そのあたりを総合的に考えるとメインの口座として使うのはXM Tradingがふさわしいのではないかと私は考えています。