FX自動売買で使うべき実績のあるEA4選

 私が実際に稼働させていて、リアルに勝っている優秀なEAを4つご紹介します。

 これまで数十個のEAを全て自腹で購入し、実際に自己資金で運用してみた結果としてセレクトしたものです。

 これだけ実績がありますので、さすがに人気・実績とも高く、お値段もそれなりにしますが、どれも優秀なEAですので、できれば全部使って運用することをおすすめします。

 特にEAでの運用を始めてまもない方は、初期投資を抑えようと安いEAを買ってしまいがちですが、勝てないEAはゴミと同じです。

 「安物買いの銭失い」にならないよう、実績のあるEAを使うのが良いと思います。

f:id:mako_pee:20190913234946j:plain

一本勝ち

 EA販売の最大手であるGoGoJungleでのベストセラーであり、FXのEAとしては全期間フォワード成績の利益率が実質1位の「最強EA」です。

★一本勝ちフォワード成績グラフ★

プロフィットファクター 1.58
リスクリターン率 10.05
収益率(全期間) 269.35%
平均利益 12,274円
平均損失 -25,194円
勝率 77.02%
最大ドローダウン 16.27%

 発売以来、愛用していますが、本当に安定的に勝ってくれます。

 販売価格50,000円となかなかの価格ですが、購入者2,000名、廉価版であるスタンダード(35,000円)と併せると、実に2,500名以上の方が使っています。

 発売当初はあまり期待されていないEAで、当初価格は9,999円でした。そこからまさかの大出世で大ベストセラーになっています。

 作者CYさんのEAはもともと勝率が高いのですが、このEAはさらにトレーディングストップを使って、小さい利益は捨てる代わりに無限大に利益を伸ばして、大きな勝利を取りに行くスタイルです。

 それがむしろEAの成績と安定性をもたらしており、グラフのとおり素晴らしい右肩上がりとなっています。

 ただし相場のボラブリティが下がるとあまり取引しなくなり、1週間取引なしということもあります。

 ですからポートフォリオの主力とするにはパンチ不足と感じられるところもありますので、主力には次の紹介する「Flashes」の2EAを据えて、こちらは「勝負強い5番バッター」的な位置づけが良いと思います。

 いずれにしても、FX自動売買をするならば、必ずポートフォリオに加えるべきですし、口座選びが非常に重要なEAです。

★一本勝ちの購入はこちら★

www.ea-fx.xyz

 このEAは稼働させるFX会社により大きく成績が異なるようです。

 私はこのEAについてはXM Zero口座を使っていますが、GoGoJungleの公式フォワードよりも「良い成績」で推移しています。

 あまり良い結果が出ていない方はXM Zero口座を使ってみることをおすすめします。

Flashes for USDJPY

 FXトレード日本一決定戦(WTC)ロビンスカップ準優勝の8年以上右肩上がりのスキャルピングEAです。

 残念ながら、通常での販売は停止されていますが、極たまに短期間だけ再販されることがありますので、よくGoGoJungleのお知らせページを見るようにしましょう。

★Flashes for USDJPYフォワード成績グラフ★

プロフィットファクター 1.40
リスクリターン率 4.12
収益率(全期間) 84.81%
平均利益 6,841円
平均損失 -9,418円
勝率 65.77%
最大ドローダウン 11.97%

 実際に動かしてみると、このEAのすごさがわかると思います。

 とにかくトレードが「うまい」です。

 勝つときは軽快に勝ち、負けるときは本当にここぞというタイミングで逃げます。

 こういう上手なトレードを毎日のように目の当たりにできますので、「長く使っても負けないな」と思うようになります。

 エントリー回数も多いので、ポートフォリオの主力として使うべき「優れもの」のEAです。

 もちろんこれはスプレッドが狭い「XM ZERO口座」を使うことが前提なのは言うまでもありません。

 1分足を使うのでより細かい値動きにトレードが左右されます。日本のFX会社ですと思うように勝てない可能性があります。

 なおFlashes for USDJPYの販売は不定期です。販売時期をよく確認してください。

★Flashes for USDJPY の購入はこちら★

www.ea-fx.xyz

 取引口座はスプレッドの狭い海外FXのECN口座のうち、最も手数料の安いTradeview Forex を使っています。

 Flashes for EURUSD

 Flashesシリーズのユーロドル版です。 こちらも本家のドル円版に負けず劣らずの好成績を続けていますが、同じように現在は販売が停止されています。

★Flashes for EURUSDフォワード成績グラフ★

プロフィットファクター 1.31
リスクリターン率 4.18
収益率(全期間) 69,60%
平均利益 5,477円
平均損失 -9,607円
勝率 69.60%
最大ドローダウン 12.79%

 こちらも円ドル版と同じで「トレードのうまい」EAです。

 ただし2019年8月以降、かなりの頻度で大きい負けを喰らい続けています。ユーロドルを扱うEA全般が不調のようですが、それにしてもかなり安定しているこのEAにしては「負けすぎ」の感があります。

 ちょっと様子を見る必要があるかと思います。

  なおFlashes for EURUSDの販売もUSDJPY版と同じく不定期です。販売時期をよく確認してください。

★Flashes for EURUSD の購入はこちら★

 取引口座はスプレッドの狭い海外FXのECN口座のうち、最も手数料の安いTradeview Forex を使っています。

 BeeOne_USDJPY

 これまでは「知る人ぞ知る」地味なEAでしたが、2019年春に行われたサクソバンク証券EA性能比較コンテスト1位になり大きな脚光を浴びました。

 これまでの成績はフォワード3年で収益率100%を突破しています。安定的に利益を積み上げるシンプルロジックEAで非常に堅実です。

 しかしそれでも売り上げは今一つのようですので、EAを正当に評価できる人がいかに少ないかわかります。

BeeOne_USDJPYフォワード成績グラフ★

プロフィットファクター 1.42
リスクリターン率 5.06
収益率(全期間) 117.65%
平均利益 853円
平均損失 -1,851円
勝率 75.49%
最大ドローダウン 13.84%

 いつの間にかエントリーしていて、いつの間にか口座残高が増えているという感じのEAです。

 ほとんどのトレードで勝ちますし、たまに負けても被害が少ないので、すぐに取り返してくれます。

 通常の複数枚トレードのスキャルピングEAは、いわゆる「コツコツドカン」で負けるとかなりの痛手を負いますが、このBee ONEは負けが小さいので安心して見ていられます。

 バンバンと勝ち続けて一気に資産が増えたり、大きな含み損をかかえてハラハラしたりと言うことがない地味なEAのためか、あまり人気は出ませんが、私はそういうEAこそ良いEAではないかと思います。

 9月に一度大きな負けを喫しましたが、それ以降また順調なトレードを展開しています。

 もしかしたらNO.1ではないかとも内心思っています。

★BeeOne_USDJPYの購入はこちら★

 取引口座はスプレッドの狭い海外FXのECN口座のうち、最も手数料の安いTradeview Forex を使っています。

取引口座は海外ECN口座が必須

 上記の4EAにはXM Zero口座Tradeview Forexなどの海外ECN口座が適しています。

 ECN口座とは「手数料を支払う代わりにスプレッドが極めて狭い」口座です。取引ごとに手数料を払うのは抵抗があるかもしれませんが、その分スプレッドが狭いのでコスト的には同じことです。

 しかしスプレッドが広いと、 わずかな価格差でエントリーやイクジットのタイミングが変わってしまいます。

 「スキャルピング」系のEAでは、往々にして、このわずかな価格差は命取りになりかねません。

 本来は勝てるはずだったトレードが、スプレッドが広いせいで負けになってしまうことがあるのです。

 小さい利益を積み重ねて、たまにくらってしまう大きな損失をカバーするのが「スキャルピング」系EAですので、わずかでも負ける確率は下げるべきと考えます。

 手数料の安さからTradeviewがおすすめですが最低取引単位が0.1lot(10,000通貨)ですので、小さい単位でトレードしたい方は、海外口座初心者の方にも使いやすいXM ZERO口座をおすすめします。

 

4EAで強力ポートフォリオ

 以上の4EAを全て購入すると50,000円+34,000円+34,000円+35,000円で合計153,000円必要です。

 こう見ると「高い」と感じますが、ダメなEAをいくつも買ったり、そのダメEAで資金を失ったりすることを考えれば、断然分の良い投資かと思います。

 この4EAを中心にして、お好みで他のEAをプラスしていくと、バランスの良いポートフォリオを組めるのではないかと考えています。