コペルニクス・ベーシックUSDJPY版について

 コペルニクス・ベーシックUSDJPY版を今年の2月に購入して、これまで小さいlotで稼働させて来ています。

 なかなか小気味よいトレードで感心することがあると思うと、逆方向に捕まって、なかなか損切りせずに大きく負けてしまうこともあり、なかなか掴みどころのないEAです。

購入者の方には有益な情報を限定配信しています購入者の方には有益な情報を限定配信しています?|?fx-on.com

コペルニクス・ベーシックUSDJPY版の運用成績 

 このEAは、高勝率の利小損大タイプではなく、そこそこの勝率を維持しつつ、トータルでプラスを目指す「裁量トレード」タイプと判断されます。

 ただし公式フォワードや他のトレーダーの方のTwitterでは勝ちトレードのエントリーがあっても、私の口座では音無しということもあり、動きの特徴がよくわからないこともあります。

 ただしかれこれ1年近い間、人気EAの座を維持していますから、すぐに消えてしまうまがい物でがないと思います。

コペルニクス・ベーシックUSDJPY版の詳細

Go Go Jungle公式ページより

f:id:mako_pee:20190721110613p:plain

 USD/JPYのスキャルピング系EAです。

 最大ポジションは2とありますが、2ポジを取ることは稀で1ポジEAと見なして良いと思います。

 エントリーは短期足の逆張りでカウンターを取るようにポジションを取ります。

 バックテストはこのように綺麗な右肩上がりになっていますし、フォワードの成績も良好ですので息の長い活躍が期待できるEAかと思います。

f:id:mako_pee:20190721125110p:plain

コペルニクス・ベーシックはCounter Qの改良版か? 

 このコペルニクス・ベーシックUSDJPY版を試験的に動かしてみて気が付いたことがあります。

 それはエントリーするタイミングが、私が愛用しているCounter QというEAとほぼ同じということです。

 コペルニクス・ベーシックエントリーの回数はCounter Qの約半分ですが、ポジションを取った時は同じタイミングでCounter Qもポジションを取ります。 

 Counter QというEAは、あまり売れておらず、知名度は低いですが、GoGoJungleのフォワード成績で「収益率20位」「収益率113%」と非常に優秀なEAで、かねてから私が推奨してきたEAです。

 このEAをエントリーを厳選して、勝ちトレードは伸ばし、負けトレードは浅い位置で切り上げるように改良されているようです。

 作者さんの名前が違いますので、詳しい事情はわかりませんが、実績のあるCounter Qの改良版であれば、勝ち負けの点から言えば信用できるEAではないかと思います。 

海外FXのECN口座を推奨

 コペルニクス・ベーシックは、一本勝ちのようなトレーディングストップで利確するタイプではありませんが、スキャルピングタイプで、相場の微妙なところでエントリーやイクジットを判定していますので、スプレッドは狭いのに越したことはありません。

 特に負けトレードの時に絶妙なタイミングで小さい負けで逃げる場面が何回かあり、この機能が全体のパフォーマンスを支えているように見受けられますので、これが効くようなスプレッドの狭さは重要です。

 手数料はかかりますが、スプレッドが非常に狭い海外FXのECN口座の使用を推奨します。

 おすすめは使い勝手の良いXM ZERO口座 (手数料1lot往復:10ドル)

 または手数料が安いTradeview ILC口座 (手数料1lot往復:5ドル)

のいずれかになります。

 コスト的には圧倒的にTradeview ILC口座ですが、難点は最低取引単位が10,000通貨単位、レバレッジも当初は100倍(申請で200倍まで拡大可能)ということです。

 その点で難点は最低取引単位が1,000通貨単位、レバレッジも最大400倍のXM ZERO口座の方が使いやすいです。

 またXMは全部で8口座開設可能で、口座間の資金移動がとても簡単ですので、複数口座を使い分けるのにとても便利です。

 私は本格運用するEAはTradeview 小lotで遊びで動かしているEAや株式CFDなどは XMで動かしています。