一本勝ち複利運用検証中

一本勝ちの複利運用で10万円→1億円を目指します。

一本勝ちに残念なレビューが散見される理由

 一本勝ちのGogoJungleのレビューの中には「全く勝てない」「フォワードと違う」と言っている方が少なからずいらっしゃいます。

 これは使っているFX口座に問題があると思われます。

 高い値段を出して、この素晴らしいEAを買っているにもかかわらず負けてしまうのはとてももったいないことです。

 特に日本のFX口座を使っている方は、すぐに口座を変更してほしいと思います。

f:id:mako_pee:20190526154041j:plain

GogoJungleの残念なレビュー

 GogoJungleのレビューにはこのような残念な書込みが散見されます。

 

フォワートと違いすぎる

フォワートにない微益もありますが、フォワートにない大きな負けも目立つようになりました。 一晩で50pipずつ2回、100pipも持っていかれれば停止せざるを得ません。 5万円の価値はありません。

2019年1月3日 10時03分

 

Gogojunに出ているforward testと違う結果になる

このEAを買って2週間で、Gogojungleに出ているforward testと違うエントリーが2回(損失!)、同じエントリーで利益幅が20分の1。forward testを見てEA買っているのに(怒)。 普通だったら品物が欠陥品だったら金返せ!でしょ。 問い合わせをしたらトレード環境が違うからそうなるって言われたが、こっちは使っている人が多いオアンダを使っているのでトレード環境が違うからそうなるって言われてもね~。 納得いかん。Gogojungleも販売者としての責任があるのだからきちっと監視してほしい。 

2018年12月20日 21時42分

 私は別ページで自身の「一本勝ち」のトレードを公表していますが、このような残念な結果にはなっていません。

 公式とほぼ同等か少し良いトレード結果で推移しています。

 この違いはどこから来るのでしょうか?

 2番目のレビューの中で赤字に表記した「オアンダ」を使っているというところにあると思います。

デモ口座とリアル口座は全く違う

 この方は公式フォワードで使っているオアンダを使っているにもかかわらず、このような残念な結果となったことを相当お怒りの様子です。

 しかし実はデモ口座とリアル口座は全くの別物なのです。

 デモ口座は「スプレッドは最小値で一定」「スリップなし」と最適な条件下でトレードが行われたものとして計測されます。

 しかし実際のトレードは違います。板の状況によってスプレッドが広がったり、逆指値で約定したら大きなすべりが生じて不利な約定になったりします。

 そして時に応じて起こった微妙に広かったスプレッドによって、公式にないエントリーやロスカットラインにお引上げがなされずに大敗というケースが発生してしまいます。

 これはオアンダだけではなく、他の日本のFX口座には全て起こりうる事象です。

 日本のFX会社を使う場合は「不利になることはあっても有利になることはない」と考えて良いと思います。 

 ではどうすれば良いでしょうか? 

一本勝ちには海外FXのECN口座が必須 

 結論から言うと、「一本勝ち」の取引口座は XM Zero口座 など海外FXのECN口座を必ず使ってください。

 ECN口座とは取引ごとに一定の手数料( XM Zero口座 は1lot当たり10ドル )を払う代わりに、スプレッドが極めて狭い口座となります。

 ちょっと見ると「同じことではないか」と思うかもしれませんが、スキャルピング系EA、特にこの「一本勝ち」にとっては天と地ほどの違いがあります。

 「一本勝ち」は利が乗るとロスカットラインを徐々に切り上げて行く「トレーディングストップ」という手法を用いています。

 この手法は「ロスカットにできるだけ触れずにポジションを持ち続ける」ことが大切です。

 スプレッドが広いとロスカットラインに触れる可能性が高くなるわけですから、勝率も下がりますし、大きく勝つチャンスを逃す可能性もあります。

 またエントリーするタイミングでも、スプレッドが広いと不必要なタイミングでエントリーしてしまうことがあり、このトレードの有無が大きく収支を変えてしまい、せっかく勝てるEAでトレードしているのに、実際は負けてしまうという非常にもったいない結果になってしまいます。

XM Zero口座 がおすすめ

 海外FXのECN口座でおすすめは、使いやすさなどを総合的に勘案して XM Zero口座  をおすすめします。

 XM Zero口座 は日本人利用NO.1の人気ブローカーで日本語対応には定評があります。

 XMの公式ページを見ていただければわかりますが、ほとんど国内のFX会社と同じように違和感なく使うことができます。

 また1ユーザーで8口座まで開設でき、資金の移動もワンクリックで可能ですのでとても便利です。

 私も海外FX何社かの口座を持っていますが、結局XMが一番便利ですので、MAXの8口座開設して利用しています。

海外FXの高レバレッジと追証なしの「0カット」も魅力

 海外FXのほとんどのブローカーでは、決済によって口座残高がマイナスになっても「追証」が求められない「0カット」というサービスがあります。

 日本のFXでは常識になっている「追証」を、XMでは払う必要がありません。

 また日本のFXのようにレバレッジ最大25倍という規制もありません(XM-Zero口座ではレバレッジ最大500倍)ので少額の証拠金で取引が可能です。

 この二つを組み合わせて「少額の証拠金で取引して、残高がマイナスになっても追証なし」を使うことにより、多額の自己資金をリスクにさらすことなく取引をすることができます。

 なお、EAはプログラムで動きますので、VPSのメモリーの容量や使っているFX業者サーバーの状況にもより、システムが誤作動するというリスクも考えられます。

 そういう点からも、「追証」のある日本のFX業者ではなく、「0カット」サービスのある海外FXを利用する方がトータルとしてリスクが少ないと判断しています。