一本勝ち複利運用検証中

一本勝ちの複利運用で10万円→1億円を目指します。

一本勝ち公式フォワードと実運用の違いを検証

 公式フォワードと成績が違うという声もある「一本勝ち」ですが、本当のところはどうでしょうか。

f:id:mako_pee:20190426002638j:plain

 今年の私のトレードを公式フォワードと突き合わせて見てみたいと思います。

実運用と公式フォワードの比較

    XMZERO 公式  
2019/1/3 193,975    
2019/1/3 -6,571    
2019/1/3 27,129    
2019/1/3 -70,271    
2019/1/3 27,923    
2019/1/3 -1,279    
2019/1/4 -379    
2019/1/4 -4,379    
2019/1/8 9,214 10,600 -1,386
2019/1/9 16,414 19,400 -2,986
2019/1/10 -979 500 -1,479
2019/1/15 114 1,400 -1,286
2019/1/17 7,314 8,700 -1,386
2019/1/18 19,307 13,700 5,607
2019/1/23 4,707 5,500 -793
2019/1/24 5,307 11,400 -6,093
2019/1/30 -38,793 -38,900 107
2019/2/4 -2,000 -500 -1,500
2019/2/6 4,600 5,100 -500
2019/2/14 -1,807 100 -1,907
2019/2/26 -3,207 -41,600 38,393
2019/2/27 -58,257 -53,600 -4,657
2019/3/15 20,186 21,200 -1,014
2019/3/22 37,364 39,400 -2,036
2019/3/27 8,500 10,100 -1,600
2019/3/28 -44,500 -43,800 -700
2019/3/29 17,393 17,500 -107
2019/4/10 28,786 30,200 -1,414
         
合計       13,263

 私は海外FXのXM ZERO口座を使っています。

 公式フォワードはOANDA Japan のDEMO口座です。

 公式フォワードと合わせるため、実際の取引を公式フォワードの取引単位に合わせて計算して表記しています。

 DEMO口座はスリップレージや時間帯によるスプレッド拡大などがないため、実際の運用に比べて良い成績となるのが普通です。

ここまでの取引を見ての評価

①公式フォワードでは正月期間中は運用を停めていたため1月3日のビックトレードが記録されなかった。

②1月8日以降の稼働回数は全く一致しており、ブローカーによる違いは発生していない。

③個々の取引では概して公式フォワードの方が良い。

 その理由として考えられるのは

・DEMO口座は、すべりやスプレッドの拡大などが全く起きないため、成績は良くなるのが普通。

・公式で使っているOANDA Japan はスプレッドが非常に狭いので、DEMO口座で安定運用すれば、かなり良い条件での運用となる。

・実際の運用はXM ZERO口座なので、スプレッドは負けていないが、手数料分だけ不利になっている。

 などであり、ここまで公式フォワードに近ければ、むしろ上出来と言えます。

④実際の運用成績はトータルでは私の実運用が勝っている。

 これは2月26日の取引で、公式フォワードが41,600円負けたところ、私は3,207円の負けで切り抜けたことによります。

 この日の取引は始めのうちはプラスで推移していたものが、一転してマイナスになってロスカットされたという展開でした。

 この時に、トレーディングストップによるストップ値の切り上げが、私の場合は起きて、公式フォワードでは起きなかったことによります。

 OANDA Japan のスプレッドは0.3と非常に狭いですが、XM ZEROの場合はそれを上回り最高で0.0まで狭くなりますので、そのタッチの差でトレーディングストップが起きたか起きなかったかで明暗を分けたと考えられます。

 私はこのブログ内で「一本勝ちはスプレッドの狭いXM ZERO口座を使うべき」と言っていますが、それが正しいことが今回証明できた形となりました。

 なお、XM Zero口座の開設にあたっては、キャッシュバックサイトの TariTali を経由して申し込んでいます。

 TariTali を経由して口座開設すると、取引ごとの手数料(100,000通貨単位につき10ドル)のうち4,5ドルをキックバックしてもらえてお得です。

 今回の比較には、このキャッシュバック分は入れていませんが、これを算入するとさらに収支は改善します。

  TariTali は、私はすでに3年以上使っていますので問題はないかと思いますが、余計なところに個人情報などを渡したくないと考える方は、キャッシュバックサイトを経由せずに直接XMにお申込み下さい。

今週からTrade Viewで運用します

 今週から「一本勝ち」の運用をXM Zero口座からTrade View に変更します。

 XM ZERO口座に不満があるわけではなく、他の低スプレッド口座の性能がどれほどのものか比較したくなったからです。

 特に今回から使うTrade View は、スペック上は完全にXM ZERO口座を上回りますので、実際どれほどのものか楽しみです。

 また手数料がXM ZERO口座の場合は100,000通貨単位につき10ドルですがTrade View は半分の5ドルですので、これだけでも大きく違うかと思います。

 こちらも TariTali 経由での開設も可能ですのでご利用下さい。