一本勝ち複利運用検証中

一本勝ち・Flashes・BeeOne_USDJPYなどの実力派EAを検証しています。複利運用で10万円→1億円を目指します。

「豪カナーダAUDCAD」を自己資金0(XMのボーナス3,000円)で挑戦してみた

f:id:mako_pee:20190407134048p:plain

 圧倒的な勝率で人気の「ユーロエーン」の姉妹EA「豪カナーダAUDCAD」を自費で購入して検証を始めました。

 ナンピンするにつれてlot数が増えていく、非常に危険なeaですが、「破綻しなければ」圧倒的なスピードでお金が殖えていきます。

 今回、私はXMマイクロ口座に口座開設ボーナスと同額の3,000円の証拠金入れて動かすことにしました。

 この運用ですと、新規のXMに口座を作る人は「自己資金0」で運用可能ですので、どのくらいお金が殖えるのか楽しみです。

「豪カナーダAUDCAD」運用実績

 利用口座:XMマイクロ口座

 最低単位:0.02  

 XMマイクロ口座は1lot 1,000通貨単位なので20通貨単位

 VPS:お名前.com デスクトップクラウド

 口座には3,000円を入金しました。

 この額は新規にXMに口座を持つ人であれば「口座開設ボーナス」として、自己負担なしで受け取れる金額です。

「豪カナーダAUDCAD」とは

豪カナーダ AUDCAD は長期的に大きな利益を上げる事に特化したEAになっております。?|?fx-on.com

 マイナー通貨同士のペアである「豪ドル/カナダドル(AUDCAD)」を売り買い両方の方向でナンピンしていきます。 

 ナンピン数は最大50に設定されていますが、ナンピン幅はきっちりと決まっているわけではないようです。

 これまでのポジションを見る限り、0.0005(5pips)程度でナンピンしていくようです。

 現在のAUD/CADは0.9525程度ですので0.9725くらいまでの買い上がりとなります。 ナンピンは1枚ごとに0.1倍になるようですから、最後の50枚目は当初のlot数の107倍になる計算です。

口座破綻・追証・借金の可能性もある危険なEA

 このナンピン倍率では1,000通貨単位で始めても、50枚まで行ってしまうと107,000通貨単位となります。

 これが50枚累計されていくと、累計で1,162,000カナダドル分のポジションを持つこととなります。(約95,000,000円分のポジション)

 レバレッジ25倍を目いっぱい使っても380万円の証拠金が必要となりますから、非常に危険な水準です。

 この水準でさらに大きな相場変動を食らってしまうと、強制ロスカット+追証発生で借金を背負う羽目になりかねませんので非常に危険です。

海外FXのXMなら安全な運用が可能

 「豪カナーダAUDCAD」はこのように危険極まりないEAですから、十分な自己防衛を図ったうえで使う必要があります。

 私は海外FXのXMのマイクロ口座の使用は必須と考えています。

XMマイクロ口座」は10通貨単位から買える

 通常の海外口座は1,000通貨単位が基本ですが、XMマイクロ口座」は10通貨単位から売買が可能です。なお私は20通貨単位で動かしています。

 この場合50枚まで買い上がっても、最後のポジションが2,130カナダドルとなり累計でも23,280通貨カナダドルで済みます。

 これですと10万円あれば1.02AUD/CADくらいまで上昇しても頑張れる計算です。 (過去5年のAUD/CADの最高値は1.0224ですので、その値まで「戻りなし」で一直線に豪ドル高になる確率がかなり低いと思います。)

XMは追証がなく損失が限定される

 XMを始めとする海外FXでは原則として「追証」はありません。どんなに損しても証拠金までが上限でそれ以上請求されることはありません。

 「豪カナーダAUDCAD」のようなナンピン系のEAでポジションが膨らんだ場合には急な相場変動で口座残高がマイナスということは十分あり得ますので、この「追証なし」の安心度は非常に高いです。

レバレッジ最大888倍なのでぎりぎりまで頑張れる

 XMはレバレッジ888倍で証拠金維持率は20%まで行けますので、強制ロスカットに怯えることなくぎりぎりまでポジションを維持することができます。

 またポジションを維持するのに多額の証拠金は必要ありませんので、先ほどの「追証なし」のルールから、万一急な相場変動で口座が破綻しても損失は少なくて済みます。

口座開設ボーナス3,000円分の証拠金がもらえる

 XMに口座を開設すると、開設口座に3,000円分の証拠金が入った状態で始められます。(取引の証拠金には使えますが、出金はできません。これを使った取引で得た利益は出金可能です。)

 まずはこの状態でEAを走らせてみることをおすすめします。

 XMのボーナスは他社のボーナスに比べて非常に使い勝手が良く、口座に資金がなくてボーナスだけの状態でも取引できます。

 また現在大きい単位で動かしていて、口座破綻や追証の不安を感じている方はすぐに稼働を停めて、XMマイクロ口座での運用に切り替えてください。

 なお私の売買単位(20通貨単位)ですと、1ポジション約3円の証拠金しか必要ありませんので、通常の動きであれば、口座開設ボーナス3,000円の範囲内の金額でトレードを続けていけると思います。

 万一、ポジションが膨らんで、この3,000円で足りなくなったときになって初めて入金すれば良いと思います。

 ここでさらにXMをうまく使う手があります。

入金累計500ドルまでは100%の入金ボーナスがある

 XMでは入金累計500ドルまでは100%の入金ボーナスがもらえます。

 このボーナスも口座開設ボーナスと同様に「現金として出金はできないが、取引の証拠金としては使える」というものです。

 したがって10万円の証拠金ならば、実際には50,000円だけ入金すれば確保が可能です。

 先ほどの「追証なし」と併せて、入金額が少ないと万一の場合の被害も少ないの是非とも利用すべきです。

 なお入金ボーナスはTariTaliなどのIBと呼ばれるキャッシュバック業者を経由して口座を開設してしまうと、当該口座に関してはもらえませんので注意してください。

XMのロイヤリティポイントをうまく使う

 さらに、XMにはロイヤリティポイントというサービスがあり、売買の大きさに対してボーナスがもらえます。

 もらえるボーナスの率は、クラスによって異なりますが、最高のエリートクラスになると10万通貨単位の売買をすると最大で20XMPもらえます。(90日間取引をすると取引量に関係なくなれます)

 20XMPは6.67ドル(約730円)相当のボーナスに交換できます。

 ボーナスに交換したら、この730円を口座に入れることになりますが

①ボーナスを口座に入れて証拠金を増強する。

②取引口座から360円(+ボーナス360円)の720円分を他の口座に移してから、ボーナスを入金する。(破綻リスクを考え現金を退避させる)

 のどちらかを行うことになるかと思います。

 私のおすすめは②で、取引で得た利益とともに他の口座に退避させてしまい、初めに入金した額をまずは回収しておくのが良いと思います。

 この戦術は「高頻度取引」をする「豪カナーダAUDCAD」だからこその技ですので、うまく活用できればと思います。

 いかがでしょう。

 最低売買単位1,000通貨単位での取引は、この豪カナーダ AUDCAD は危険すぎます。

 特に日本のFX会社には「追証」がありますので、下手をすると借金を背負うことになりかねません。

 まずはXMの口座開設ボーナス3,000円と使ってマイクロ口座で使ってみるのが、安全かつ確実に負けない方法だと思います。

 額は小さくても、まずは「勝つ」ことがFXで利益を上げるのには大切です。

あわせて読みたい

www.ea-fx.xyz