XMの口座の種類とその特徴を使った感想をもとに解説

 XMには「スタンダード口座」「マイクロ口座」「ZERO口座」の3種類の口座があります。

 それぞれに特徴があり、その人のトレードスタイルや使うEAによって、うまく使い分けることができると効率的でリスクを抑えた取引が可能です。

f:id:mako_pee:20190307225809j:plain

スタンダード口座

 1ロット100,000通貨単位です。

 売買は0.01単位からできますので、円ドルならば1,000ドルからの取引となります。 日本のFXですと10,000ドルからの所が多いですから、この少し細かい単位で取引ができる感じです。

 なお最大取引ロットは5,000,000通貨単位までとなります。

 レバレッジは最大888倍(資金2万ドル以上200倍) 最小入金額は5ドルからとなります。 売買手数料はありません。(スプレッドに含まれています)

 裁量取引を行う場合はこの口座になるかと思います。

 EAを使う取引の場合は「スウィングトレード」など、大きい利益を取りに行くタイプの、厳密なレートまでは必要としない取引に適しています。

 入金ボーナス・XMPによるボーナスクレジット加算の対象になります。

マイクロ口座

 1ロット1,000通貨単位です。

 売買は0.01単位からできますので、円ドルならば10ドルからの取引となります。

 なお最大取引ロットは100,000通貨単位までとなります。これはスタンダード口座の1ロットですから大きな取引をする人は使えないかと思います。

 レバレッジはスタンダード口座と同じ最大888倍(資金2万ドル以上200倍)です。

 最小入金額は5ドルからとなります。

 売買手数料はありません。(スプレッドに含まれています)

 小さい単位で裁量取引を行う場合はこの口座になります。

 「ナンピン」「マーチンゲール」など、最大のポジションが大きくなってしまう取引に一つ一つは小さい単位で買い進むタイプのEAには特に向いています。

 私はこれで「コツコツじっくり くろやぎさん進化版」を稼働させています。

 こちらも入金ボーナス・XMPによるボーナスクレジット加算の対象になります。

 FXで負ける原因の大半は「ポジションを大きく取りすぎ」ですので、こういう小さい単位で売買できる口座は大切です。

XMZero口座

 私がXMで一押しの口座です。

 取引ごとに手数料を支払うかわりにスプレッドは極狭(最小0.0)になります。 スプレッドが狭いとロスカットに触れる確率が下がりますので、その分だけ「負ける確率」が下がります。

 「利小損大」のスキャルピング系のEAの場合、一回の負けを取り返すのにたくさんの勝ちが必要となりますので、「負ける確率」が少しでも下がるのは収支に大きな影響を与えます。

 1ロット100,000通貨単位です。

 売買は0.01単位からできますので、円ドルならば1,000ドルからの取引となります。

 なお最大取引ロットは5,000,000通貨単位までとなります。

 レバレッジはスタンダード口座等より小さく最大500倍です。

 最小入金額は100ドルからとなります。

 売買手数料は10万通貨辺り片道5ドルです。

 入金ボーナス・XMPポイントによるボーナス共に対象外ですが、初回口座開設3000円ボーナスは対象となります。

日本人トレーダー口座開設数No.1
レバレッジ最大888倍 追証なし

 

私が使っている口座

 私が使っているのは「マイクロ口座」と「XMZero口座」の二つです。

 私はポジションサイズは大きくせずに「安全な取引」を「細く長く」続けていきたいと思っていますので、小さいlotで取引ができる「マイクロ口座」を大変気に入っています。

 他のFX業者には私が知る限り同様のサービスはありませんのでXM一択となります。

 またスキャルピング系のEAを使う場合はスプレッドが狭い「XMZero口座」は必須ですので、そちらを使っています。

 他社でXMよりも手数料が安いところもあり、以前は並行して使っていましたが、スリップページの多寡や取引の安定性・安全性を考えると、この「XMZero口座」の方が総合的に勝っていると判断したため、現在はこちらのみを使用しています。

日本人トレーダー口座開設数No.1
レバレッジ最大888倍 追証なし

 

あわせて読みたい

www.ea-fx.xyz

www.ea-fx.xyz

www.ea-fx.xyz