一本勝ち複利運用検証中【FX自動売買・XM-ZERO口座】

一本勝ちの複利運用で10万円→1億円を目指します。

トライオートFXはあまりに危険

某大物ブロガーさんが取り上げていますが・・・

 某大物ブロガーさんが取り上げてかなりの盛り上がりを見せている「トライオートFX」ですが、あまりに危険なので、わたしはおすすめしません。

 そもそもこんな単純な仕組みで利益が得られると思っている方がどうかしているのですが、かなり人気になっているところを見ると

・リスクとリターンの関係を計算できない

・不労所得で一攫千金ができると思っている人が数多くいる

ということがわかります。

 人気があるとFX会社のアフィリエイトで儲かるので、持ち上げているブロガーさんがたくさんいらっしゃいます。中には「金融リテラシーが高い」ことを売りにしている方もいて、そういう姿を見ると「儲かればなんでもいいんだ」と悲しくなります。

 それではなぜ危険か解説します。

ギャンブルには必敗法がある

 ギャンブルに必勝法はないといわれますが、実はその反対の必敗法は存在します。

 掛け金を一定レベル以上の割合で行うと必ず負ける

というものです。

 例えば勝率70%で2倍、負ければ0というギャンブルが存在するとします。期待値が1を越えますので、もしこういうギャンブルがあれば普通に賭けをしていれば必ず勝ちます。ところがこのギャンブルを常に手持ち資金100%で延々と行っていれば、30%の負けを引いたときに手持ち資金がなくなって必ず「退場」となります。 

 このように、いかな有利なギャンブルといえどもポジションサイズを間違えると簡単かつ確実に負けてしまいます。

 それでは、この場合手持ち資金の何割をかければよいでしょうか?それは数学的に導くことができます。

 この場合は手持ち資金の40%をかけていくと最大の利益が得られます。

 ここで注意すべきは掛け金が40%以下ならば効率が落ちて増え方が小さくなるだけですが、掛け金が40%を超えると利益が減っていくばかりか、一定以上になると一気に「破綻」してまうということです。

 このあたりの数式を「ケリー基準」といいますが、これについてはこの方のサイトがお詳しいのでリンクを貼らせていただきます。

  http://www.geocities.jp/y_infty/management/

顧客の必敗は業者の必勝

 FXの場合「掛け金の割合を大きくする」=「レバレッジを大きくする」ですから、顧客に一定以上のレバレッジをかけさせれば顧客の手持ち資金を全て没収できるということになります。

 「顧客の負け」=「FX業者」の勝ちになりますから、FX業者の必勝法は「いかに顧客に高いレバレッジでかけさせるか」ということに尽きてしまいます。

 トライオートFXが設定している「推奨証拠金」というのがまさにそうで、この程度の証拠金ですと、かなりのハイレバレッジになるので顧客は「必敗」となります。

 証拠金をその2~3倍にと親切に説明しているサイトもありますが、それでも確実とは言えません。

 トライオートFXのような「買い下がり」で「ポジションが増えていく」タイプの戦略であれば、想定しうる最大の値幅(円ドルであれば70円)が出てもロスカットされない程度のレバレッジ、つまりレバレッジ2~3倍までで抑えておきたいところです。

 しかしこのようなものに手を出そうとする人は先ほどのとおり楽して手っ取り早く儲けたい人がほとんどでしょうから、多くの人は我慢できずにレバレッジをかけすぎて破綻してしまうはずです。

海外FX業者XMならばより安全な取引が可能

 海外のFX業者であるXMには「マイクロ口座」というものがあります。この口座では通常1,000通貨単位からの取引のところ、10通貨単位から行うことができます。

⇒ XM ホームページ

 1,000ドル=100,000円ですので2倍のレバレッジで10個ポジションを持つと500,000円必要ですが、10ドルで取引を行うと5,000円で可能です。それですとあまりに少ないですから、100通貨単位にしても50,000円で運用可能です。

 さらにXMの公式ページから直接口座を開設すると3,000円分の取引ボーナスが貰え、さらに500ドルの入金まで100%の入金ボーナスがもらえます。50,000円入金すると証拠金が100,000円+3,000円になります。(当ブログ推奨のTariTaliを経由して開設するとキャッシュバックはもらえますが入金ボーナスがもらえませんのでご注意ください)

 ボーナスは出金できませんが証拠金にカウントされるのでこういう「いかにロスカットされないか」という取引には非常に有効なサービスです。

 100,000円の証拠金であれば100通貨単位で20ポジション持てます。

 またXMでは追証は請求されませんので、急激な相場変動で残高がマイナスになっても入金額がなくなるだけでそれ以上負担させられることはありませんので安心です。(この場合入金した50,000円を損するだけ)

 

おすすめは コツコツじっくり くろやぎさん 進化版 AUDJPY

 XMではトライオートFXは使えませんので、同じような機能を持ったEAを使う必要があります。

 一番のおすすめは コツコツじっくり くろやぎさん 進化版 AUDJPY
100万円が14年間で6500万に!多機能でより利回りがよくなったくろやぎさん登場!
100万円が14年間で6500万に!多機能でより利回りがよくなったくろやぎさん登場!?|?fx-on.com 

です。

 通貨ペアはAUDJPY NZDJPYがおすすめですが、USDJPYでも使うことができます。

 トライオートFXは個別に利益確定していきますが、このEAはポジション全体で利益が乗ると決済する仕様です。もし個別に決済したい場合は手動で決済すれば再度下がったときにポジションを持ってくれます。

 デフォルト設定で過去14年間の相場環境下では破綻しない仕様にはなっていますが、それ以上の安全性を見て設定することをおすすめします。

 反対にリスク値を上げるとものすごい勢いで利益が出ますが、破綻確率が上がって最終的に負ける確率が高いですからやめた方が良いです。(トライオートFXが調子が良いときはものすごく儲かるのと同じです)

 トライオートFXをやろうと思っている方、やったけれど思うような結果にならなかった方は、こちらでの運用を検討してみるとことをおすすめします。  

コツコツじっくり くろやぎさん 進化版 AUDJPY
100万円が14年間で6500万に!多機能でより利回りがよくなったくろやぎさん登場!