一本勝ち複利運用検証中・XM ZERO口座

一本勝ちの複利運用で10万円→1億円を目指します。

「一本勝ち」の複利運用を検証(Update:2018/11/10・XM-ZERO口座)

今週の取引概況 ~ 着実な積み重ねで最高益更新間近

 株式市場の変動も一服し、外国為替相場のボラも少なく安定してきています。先週言った通り、とりあえず底を打ったようです。

 やはり週足レベルの調整だったようで、週足RSIが30台まで落ちて落ち着いたようです。

 このように株式市場が下落したときにはウェルスナビに追加入金するようにしています。具体的には日足RSIが25を割ったら30,000円を入金するという単純なものですが、米国株式市場は右肩上がりという前提が正しいのなら、かなり強力な投資法かと思います。

 8月はかなり成績が落ち込んだ「一本勝ち」ですが、その後は9月に入り5勝1分と復調、10月に入ってからもジリジリと成績を上げ、ついに今週の勝ちで最高益目前の水準まで回復してきました。

 やはり長期的スパンで好成績を上げているEAだけあってしぶといです。我慢して使っていればそのうち良い流れになってくれるかと思います。

 このブログで何度も言っていますが、発売当初だけ成績の良い華々しいEAに目が行きがちですが、長期のフォワード成績が優秀なEAが「使いべきEA」ですので、少々の不調は我慢して使っていくことが重要かと思います。  

取引記録(2018/04/17から2018/11/10まで)  

100,000円 → 129,758円     +29.76% 

36勝13敗18分 勝率 73.47%(100円未満は引き分けと計算)

最大勝ち +8,151円 最大負け ▲6,456円 

キャッシュバック累計 3,560円   

キャッシュバックはもらわないと絶対に損です。必ずもらいましょう。

⇒ 海外FX口座開設ならTariTali

運用は「一本勝ち」だけで充分ではないか

 2018年4月から大人気FX自動売買システム「一本勝ち」の複利運用を開始しています。

 それ以前から、30種類以上のEAを実際に使ってきましたが、このEAほど安定的に勝ち続けてくれているEAはありません。

 FXの運用はこのEA一本で十分と判断しています。

 定価は50,000円と少々高いですが、運用での勝ち負けの額を考えると、他のEAに目移りしていろいろと買ってしまうよりも、これまでの実績と併せて、決して高い金額ではないと思います。

 ⇒ トレーリングストップで幸せに一本勝ち

 

 なおEAの成績はFX口座のスプレッドや約定力に大きく左右されます。特にこのEA「一本勝ち」はロスカットラインを微妙に切り上げていきますので、このブログでは総合的な見地からスプレッドが特に狭いXM-ZERO口座が最も適していると判断しています。

 ⇒ XM Zero口座の公式ページを見る

 なお海外のFX口座の場合、IBと呼ばれるキャッシュバック業者を経由して口座を開設することで手数料やスプレッドの一部を取引ごとに利用者にキャッシュバックしてもらえます。このブログではTariTaliというIBを経由して口座開設しています。

 取引ごとのキャッシュバックは長い目で見ると収支にとても大きな影響を与えます。海外FX口座はIB経由、その中でもバック率が最高のTariTaliでの開設をおすすめします。

 ⇒ 海外FX口座開設ならTariTali

取引実績詳細 

日付 売買 Lot 損益 SWAP 手数料 C.B. 純損益 累計
入金 0 0 0 0 0 0 100,000
4/17/2018 0.49 2,793 0 ▲ 525 210 2,478 102,478
4/19/2018 0.10 1,320 0 ▲ 107 43 1,256 103,734
4/21/2018 0.10 3,020 30 ▲ 109 44 2,985 106,719
4/26/2018 0.10 660 0 ▲ 109 44 595 107,314
5/2/2018 0.10 1,950 0 ▲ 110 44 1,884 109,198
5/8/2018 0.10 1,920 30 ▲ 109 44 1,885 111,083
5/10/2018 0.10 ▲ 1,330 0 ▲ 110 44 ▲ 1,396 109,687
5/11/2018 0.10 1,350 ▲ 110 ▲ 110 44 1,174 110,861
5/23/2018 0.10 3,080 0 ▲ 110 44 3,014 113,875
5/24/2018 0.11 8,151 ▲ 321 ▲ 121 48 7,757 121,632
5/25/2018 0.11 ▲ 1,485 ▲ 107 ▲ 120 48 ▲ 1,664 119,968
5/29/2018 0.11 ▲ 55 0 ▲ 120 48 ▲ 127 119,841
5/29/2018 0.11 ▲ 66 0 ▲ 120 48 ▲ 138 119,703
5/29/2018 0.11 22 ▲ 107 ▲ 119 48 ▲ 156 119,547
5/30/2018 0.11 ▲ 11 0 ▲ 119 48 ▲ 82 119,465
5/30/2018 0.11 561 115 ▲ 120 48 604 120,069
5/30/2018 0.11 55 0 ▲ 120 48 ▲ 17 120,052
6/5/2018 0.11 572 0 ▲ 121 48 499 120,551
6/6/2018 0.11 1,870 115 ▲ 121 48 1,912 122,463
6/8/2018 0.11 0 0 ▲ 121 48 ▲ 73 122,390
6/14/2018 0.11 ▲ 176 0 ▲ 121 48 ▲ 249 122,141
6/15/2018 0.11 33 0 ▲ 121 48 ▲ 40 122,101
6/19/2018 0.11 1,309 0 ▲ 121 48 1,236 123,337
6/20/2018 0.11 1,309 0 ▲ 121 49 1,237 124,574
6/21/2018 0.12 36 0 ▲ 133 53 ▲ 44 124,530
6/22/2018 0.12 480 0 ▲ 132 53 401 124,931
6/25/2018 0.12 0 0 ▲ 132 53 ▲ 79 124,852
6/26/2018 0.12 ▲ 48 0 ▲ 132 53 ▲ 127 124,725
6/27/2018 0.12 12 0 ▲ 132 53 ▲ 67 124,658
6/27/2018 0.12 900 0 ▲ 132 53 821 125,479
6/29/2018 0.12 1,632 0 ▲ 132 53 1,553 127,032
7/5/2018 0.12 252 0 ▲ 132 53 173 127,205
7/11/2018 0.12 ▲ 180 49 ▲ 132 53 ▲ 210 126,995
7/18/2018 0.12 ▲ 264 0 ▲ 135 53 ▲ 346 126,649
7/20/2018 0.12 24 ▲ 124 ▲ 135 54 ▲ 181 126,468
7/23/2018 0.12 144 0 ▲ 133 53 64 126,532
7/24/2018 0.12 936 0 ▲ 133 53 856 127,388
7/25/2018 0.12 36 0 ▲ 133 53 ▲ 44 127,344
7/27/2018 0.12 684 0 ▲ 133 53 604 127,948
7/30/2018 0.12 624 0 ▲ 134 54 544 128,492
8/3/2018 0.12 228 220 ▲ 134 53 367 128,859
8/8/2018 0.12 132 0 ▲ 133 53 52 128,911
8/13/2018 0.12 780 0 ▲ 132 53 701 129,612
8/13/2018 0.12 960 0 ▲ 133 53 880 130,492
8/15/2018 0.12 ▲ 6,456 0 ▲ 133 53 ▲ 6,536 123,956
8/16/2018 0.11 ▲ 55 0 ▲ 122 49 ▲ 128 123,828
8/17/2018 0.11 858 0 ▲ 122 49 785 124,613
8/21/2018 0.11 ▲ 132 0 ▲ 121 48 ▲ 205 124,408
8/22/2018 0.11 ▲ 286 47 ▲ 121 48 ▲ 312 124,096
8/31/2018 0.11 ▲ 5,984 47 ▲ 123 49 ▲ 6,011 118,085
9/4/2018 0.11 748 0 ▲ 122 49 675 118,760
9/5/2018 0.11 ▲ 33 0 ▲ 123 49 ▲ 107 118,653
9/12/2018 0.11 1,254 142 ▲ 122 49 1,323 119,976
9/14/2018 0.11 748 0 ▲ 123 50 675 120,651
9/18/2018 0.11 528 0 ▲ 123 50 455 121,106
9/26/2018 0.11 836 0 ▲ 124 50 762 121,868
10/5/2018 0.11 ▲ 2,816 72 ▲ 124 50 ▲ 2,818 119,050
10/11/2018 0.11 1,309 0 ▲ 124 49 1,234 120,284
10/15/2018 0.11 ▲ 121   ▲ 123 49 ▲ 195 120,089
10/18/2018 0.11 5,203 179 ▲ 123 49 5,308 125,397
2018/10/19 0.12 ▲ 1,272   ▲ 135 53 ▲ 1,354 124,043
2018/10/25 0.11 3,036 ▲ 488 ▲ 124 49 2,473 126,516
2018/10/26 0.12 ▲ 24   ▲ 135 54 ▲ 105 126,411
2018/10/29 0.12 24   ▲ 135 54 ▲ 57 126,354
2018/10/31 0.12 ▲ 132   ▲ 136 54 ▲ 214 126,140
2018/11/1 0.12 384   ▲ 136 54 302 126,442
2018/11/7 0.12 3,480   ▲ 136 54 3,398 129,840
2018/11/7 0.12 0   ▲ 136 54 ▲ 82 129,758

*プラスマイナス100円以下の取引を引き分けに分類しています。

*C.B.とはキャッシュバックの略。TariTali経由で口座開設することにより取引手数料の一部をキャッシュバックしてもらえます。

最強EA「一本勝ち」とは

 3年前から30種類以上のEAを使って自動売買を行ってきました。その時その時で素晴らしいパフォーマンスを出したEAはいくつかありましたが、長い目で見て最も安定的に勝ってくれているのがこの「一本勝ち」です。

 一本勝ちはスキャルピング系のEAです。トレンドを判定してそれと逆の動きがあったときにカウンターで入ります。

 同じ作者さんのColor Of Your Life V2とほぼ同じタイミングでポジションを取りますが、こちらは決済のタイミングにトレーディングストップに採用しているため、こちらは小さい勝ちを「引き分け」で捨てる代わりに、勝てるときに大きく勝ちにいくEAです。

 これが全体の収支を大きく改善させており、上の表のように安定的に勝ちを重ねてくれています。

 もちろんColor Of Your Life V2も甲乙つけがたい素晴らしいEAですので、どちらを選ぶかはお好みでと言ったところでしょうか。

 「一本勝ち」は初め9,999円で発売され、私もその値段で買いました。その後、素晴らしい実績をあげて、あまりに人気になったため、徐々に値上げされ、現在の値段は50,000円で発売されています。

 かなりいいお値段となっていますが、このEAの安定的な勝ちぶりを見ると、私は十分にその価値があるものと思います。

 そもそも発売されたばかりのEAは勝てるかどうかも未知数で、動かしてみたらさっぱりということが少なくありません。そういうEAをいくつも買うよりは、すでに結果が出て、実績が十分なEAに高いお金を払うことは決して損ではないと考えます。

一本勝ち(複利機能あり)(50,000円)

⇒ トレーリングストップで幸せに一本勝ち

「一本勝ち」これまでの成績

 今年の4月から改めて複利運用を開始した「一本勝ち」の成績ですが、これまで期待通り順調に来ています。

 特に始めの1か月は良い感じで勝ってくれました。以降はペースが落ちてはいますが、順調に勝ちを積み重ねています。大きく負けることがないので、精神的に楽で助かります。

 なお複利設定ですので、勝ちが増えて残高が増えていくと取引額が増えていきます。始めは取引lotが0.10(10,000ドル)から始めましたが、最大で0.12(12,000ドル)まで大きくなりました。 その後、少し不調でlotも0.11まで減らしていますが、近いうちに回復してくれると思われます。

 なお、わたしのポジションサイズ設定はかなり安全性を高くしてあります。結果からみればもっと大きくしても問題なかったとは言えます。

 この設定は個人の相場に対する考え方によりますが、あまり大きくしすぎると何か大きな動きがあった場合に一発で退場となることもありますので、私は小さめの設定をおすすめしています。

一本勝ち(複利機能あり)(50,000円)

⇒ トレーリングストップで幸せに一本勝ち

取引口座とIB(キャッシュバック)について

 またFX-ONの書き込みなどでは「複数のポジションをもってしまう」「挙動がおかしい」などのネガティブが書き込みもありますが、少なくとも発売以来ずっと使っている私はそのような経験はありません。

 このような障害は、他のEA(別の作者さんのものです)では経験したことがあります。EAはプログラムで動きますので、VPSのメモリーの容量や使っているFX業者サーバーの状況にも左右されますので原因は何とも言えません。

 一つ言えることは、機械やプログラムのやることですので、いついかなるきっかけで「暴走」をするかわからないということです。ですから、どのEAを使ってもそういうリスクはあると思って運用しています。

 そういう点を考えると、「追証」のある日本のFX業者でEAを動かすのはとても怖いことで、「追証」がなく、残高がマイナスになったら0に戻す「0カット」サービスのある海外FX業者の利用が安全です。

取引口座

 取引口座は XM Zero口座 を使っています。

 この口座の特徴は、取引ごとに手数料はかかりますが、その分スプレッドが極めて狭いという点です。

 「一本勝ち」などのスキャルピング系のEAにおいてはタッチの差で勝ちと負けが入れ替わることがあり、そこでの勝ち負けで収支に大きな差が出ることになります。できるだけスプレッドの狭い口座の利用をしないと非常に損です。

 なおXMは外国のFX業者です。XMは0カットシステムと呼ばれる「追証なし」のサービスが行われています。

 FXにおいては相場の想定以上の急な変動やシステム上の不具合など、思ってもみない事態に遭遇することはありえます。そういう場合に大きく損害を被ったとしても、XMであれば証拠金以上の追証を請求されることはありませんので安心して取引できます。

⇒ XM Zero口座 

 なおXMにはZERO口座以外にも通常口座・マイクロ口座があり、それぞれ取引形態によって向き不向きがあります。またこれらの口座とキャッシュバックの関係は少々複雑です。詳しくはこちらをご覧ください。

www.ea-fx.xyz

IB(キャッシュバック)

 IB(キャッシュバック業者)は TariTali   を使っています。

 ここを経由して口座を開設することで、XMZERO口座で取引ごとにかかる手数料の約4.5割(TariTaliがXMから受け取るコミッションフィーの90%)をキャッシュバックで戻してくれます。 

 IBとはイントロデューシング・ブローカーの略で、FX業者に顧客を紹介することを専門にしている業者です。海外のFX業者は広告宣伝などの顧客獲得業務の一部をこのようなIBに委託しています。

 IBはFX業者から支払われるコミッションフィーの一部(TariTaliでは90%)を顧客に還元することで顧客獲得を行っていて、これは海外のFX業界では普通に行われています。

 表中のC.B.がキャッシュバック受取額です。これまで総額で3,289円受け取っていますので、これは勝ちの総額の12%程度に当たります。

 長い目で見ると、このキャッシュバックの受け取り次第で収支が大きく変わっていきます.。またIBを通さずにFX業者に直接申し込んでもXMZERO口座の場合は特段のメリットはありませんので、海外口座の開設については必ずIBを経由するようにしてください。

 TariTali  のキャッシュバック率は業界最大で、しかも出金対応も丁寧かつ迅速ですので私も使っています。IBの中では新興の部類でホームページも地味目でちょっと見で今一つと思われるかもしれませんが、3年間以上使っていてトラブルなどは一切ありませんし、キャッシュバック額のサイトへの反映が非常に早いのでとても気に入っています。

⇒ 海外FX口座開設ならTariTali 

VPSについて

  VPSはお名前.com デスクトップクラウド の1Gプランを使っています。(月1,780円~)

 料金的にはもっと安いところもありますが、VPSは「安定的に稼働する」「設定が簡単」「わからないときに調べやすい」という方が重要ですので、大手のここを使うのが一番と判断しています。

 FXの取引額の大きさに比べれば、月数百円の料金の差は気にすることろではないかと思います。

 なお現在は稼働EAが1つなので1Gプランにしていますが、稼働させるEAが多い方には2Gプランがおすすめです。(MT4を乗せるだけで一定の容量を食うので1G⇒2Gでは倍以上の余裕があります。)

 

一本勝ち複利運用の設定

MT4上のEAの設定を以下に記します。設定の目安にお使いください。

利用口座     XM Zero口座

キャッシュバックIB  TariTali  

投入金額   100,000円

Ippon_Use_MM_Function  true

Ippon_Use_MoneyMode  FreeMargin

Ippon_MM_ManeyDivide  100

Ippon_AllowRisk  10.0

ippon_Leverage  200 

 レバレッジ200倍のXM ZERO口座に10万円を入金して「一本勝ち」を複利運用する設定です。

 注意するところは下から2番目のIppon_AllowRiskで、私は10.0すなわち最大ドローダウンを手持ち金額の10%と設定しました。(デフォルト値は100.0)これですと10万円の時点で0.1lot(10,000ドル)の取引となります。Risk値を上げると殖えるスピードも速いですが、破綻する可能性も高くなりますので、私はこれくらいの規模でまったりとやっています。