まこすけのFX自動売買ブログ

何とか生き残っています。

TariTaliキャッシュバックとXMボーナスの関係

 私はメイン口座としてXM Tradingを使っています。

 XMなど海外FXを使う場合には、キャッシュバックサイトTariTaliから口座開設するのが一番お得ですが、場合によってはキャッシュバックを通さずに直接XMに申し込みを行うべき場合があります。

 

 理由は、XMの入金ボーナスをもらうには TariTaliなどのキャッシュバックサイトを経由しないことが条件となることで、ここを良く理解していないと思わぬ損をしてしまうことになりますので注意しましょう。

 

キャッシュバックと入金ボーナスの関係

 まずはTariTali経由でキャッシュバックを受ける場合と直接XMに申し込んだ場合の違いを一覧表にまとめてみました。

  TariTali経由 XM公式
スタンダード口座 入金ボーナスなし 入金ボーナスあり
マイクロ口座 入金ボーナスなし 入金ボーナスあり
ZERO口座 入金ボーナスなし 入金ボーナスなし

 

入金ボーナスがあるのはスタンダード口座とマイクロ口座

 まずXMで入金ボーナスの対象となるのはスタンダード口座とマイクロ口座の二つです。

 両口座とも「取引手数料はない代わりにスプレッドが多少広い」というノーマルタイプの口座です。

 違いは最低取引単位でスタンダード口座は1,000通貨単位から、マイクロ口座は10通貨単位からとなります。

 両方ともMT4,5対応ですのでEAの使用が可能です。

 普通に取引する場合はスタンダード口座を使うことになるかと思います。

 マイクロ口座は取引の最低単位が小さいので、ユーロエーンやナンピンメーカーなどのポジションサイズがどうしても大きくなってしまう「ナンピン系」EAを使う時に重宝します。

 この二つの口座でキャッシュバックをもらうか、入金ボーナスをもらうかは微妙なところですが、500ドルの100%ボーナスは非常に魅力的ですので、これを使いきるまでは入金ボーナスをもらっておくのが妥当なところだと考えます。 

☆レバレッジ888倍 追証なし☆ 

スタンダード口座、マイクロ口座はXM直接申込が有利

 スタンダード口座、マイクロ口座の入金ボーナスは「500ドルまで100%、5000ドルまで20%」となっていますが、TariTaliなどキャッシュバックサイト経由で申し込むともらうことはできません。

 また口座開設時に入金なしでもらえる「3,000円分のボーナス」も、キャッシュバックサイト経由するともらうことができません。

 キャッシュバックか入金ボーナスかどちらかを選らばなくてはなりませんが、どちらかと言うと「XMに直接申込」に分があるかと思われます。

ボーナスを使って有利なトレードを展開する

 ボーナスを使うと「証拠金をその分だけ大きく」できますので、なかり思い切った取引をすることができます。

 FXトレードで負けるときパターンとしての「証拠金を維持できない」というのがあります。含み損が膨らんでこれ以上ポジションを持ちきれないという場合です。

 この時にボーナスで証拠金を2倍にできていたら、このようあ事態に陥らずに済みます。

 ボーナスなしの場合に比べて「かなり攻めたトレード」が可能になるでしょう。

 具体的に例を挙げると次のようなトレードをする方はボーナスをもらった方が良いでしょう。 

・裁量取引(余裕を持ったトレードが可能)

・少額でFXを楽しみたい方(証拠金が最大2倍)

・ナンピン系EAを使う方(ナンピン回数の増加⇒口座破綻を回避する)

 これらのトレードスタイルの場合はキャッシュバックをもらうよりも、ボーナスを使って証拠金を増やした方が有利なトレードをできると考えます。

☆レバレッジ888倍 追証なし☆ 

 

XM ZERO口座はTariTali一択

 XM ZERO口座は取引当たりに手数料(取引ごとに1lot(100,000通貨単位)ごとに10ドル)はかかりますが、スプレッドが極めて狭い口座(最小0.0pips)です。主にスキャルピング系のEAでの使用に適しています。

 このスプレッドの狭さにより、タッチの差で「TPに達する、またはロスカットされる」という微妙な場面で威力を発揮し、勝敗がひっくり返ることがありますので非常に重要です。

 私が主力で使っているEA「一本勝ち」や「Flashes」などには、この口座の使用が不可欠だと思います。

 問題は手数料がかかることですが、これはTariTaliを使うことで1lot(100,000通貨単位)ごとに10ドルの手数料のうち4.5ドルをキャッシュバックしてもらえます。(私のサイトでのリンクから申し込みの場合。通常は4.0ドルとなります。)

 取引にかかるコストを45%も削減できるわけですから、収益性が大幅に改善します。(XMがTariTaliなどのIBに支払う紹介料は50%ですので、その90%を顧客還元してくれる計算です。)

 なお、ZERO口座の場合には、TariTariを経由してもしなくても入金ボーナスは一切付きませんので、ここはTariTali経由一択となります。

★最高のキャッシュバック率★

www.ea-fx.xyz

 

キャッシュバックサイト TariTaliとは

 TariTaliはキャッシュバック業界では新参の方に入りますが、キャッシュバック率の高さ、支払いの正確性、情報開示の綿密さ、サポートの充実と真摯な対応などで、あっという間に、日本におけるキャッシュバック大手に成りました。

 私も開業当初から使っていますが、すっかり満足していますので、以前に使っていたところは今では見てもいないという状況です。

 キャッシュバックは「TariTali」一択で間違いないというのが私の結論です。

 キャッシュバック率の比較を貼っておきます。

 XM ZERO口座のキャッシュバック額を比較

IB業者 リベート率 実質キャッシュバック額
 TariTali  4.5 USD / Lot 実質:480円 / Lot
RoyalCashBack 0.4pips / Lot 実質:400円 / Lot
FinalCashBack 取り扱いなし 実質:0円 / Lot
CashBackVictory 0.3pips / Lot 実質:300円 / Lot
CashBackForex 2.2USD / Lot 実質:264円 / Lot
※実質取引コストは、ドル円レート:110円で計算しています。
  

★最高のキャッシュバック率★

 

Q:「TariTali」を経由するより直接XMに申し込んだ方が有利なのでは?

A:XMの通常の口座の場合は直接申し込みますと「加入ボーナス」が500ドル分付きますので使い方によっては良い場合がありますが、XM ZERO口座には加入ボーナスがありませんので「TariTali」を経由した方がキャッシュバックがもらえてお得です。

 

Q:なぜ直接申し込むより「TariTali」のようなIB経由を優遇しているのですか?

A:海外FX業者間の競争はとても激しいのでIBの力なしでは新規の顧客を十分に獲得できません。そこで大口の顧客紹介先のIBにリベートを支払って自社の広告を代わりにやってもらっているのです。

 

Q:キャッシュバックは具体的にどの位ですか?

A:円ドルでの取引の場合1ドル110円として10000ドルの取引1回に付き44円がキャッシュバックされます。⇒ 2018年10月12日以降申し込みの口座は49円にキャッシュバックが上がりました。

 

Q:振込の最低単位はいくらからですか?またいつ振り込まれますか?

A:最低単位は1,500円と業界最低水準です。出金はホームページから出金リクエストしますと1~3営業日後に振り込まれます。私は毎月1日に自動的に振り込まれるように設定しています。

 

Q:現在XMに直接口座を開設している、または他のIBで登録していますが「TariTali」に変更できますか?

A:一部のIBを除き可能です。詳しくはこちらのページをご覧ください。

www.ea-fx.xyz

 海外FXをするなら「TariTali」を使わないともったいないです。新しく口座を開こうと思い方、現在他のIBを利用されている方も是非「TariTali」経由で口座開設してください。 

★最高のキャッシュバック率★

TariTaliでアフィリエイトも可能

 TariTaliでアフィリエイトは可能ですが、まずは会員として「TariTali」経由で口座開設する必要があります。

 TariTali自体がかなりお得ですので、アフィリエイトしやすいと思います。

 なお自己アフィリエイトは禁止ですので、新規の方は私のサイトから登録をぜひお願いします。

 詳しくはこちらの別サイトにて書いています。

cashrush.xyz