シストレFX実戦報告

負けないシストレを目指して日夜研究しています。

Sheep6、コツコツじっくり くろやぎさん はポジションサイズに気を付ければかなり使える

一度の負けで破綻するナンピンシステムではあるが・・・。

 私が主力で動かしている Color Your Life V2 、一本勝ち利大損小 red(GBPJPY) はどれも1枚運用のEAです。EAのロジックに統計的優位性があれば1枚運用で十分なはずで、複数枚運用するのは見せかけの勝率を上げて、勝っている間にEAを売ってしまおうという魂胆が見え隠れしていますので、全部とは言いませんが「インチキ」だと思って間違いないかと思います。

 その私はなぜ複数枚運用の権化である sheep6コツコツじっくり くろやぎさん

というナンピン系システムを運用するかと言うと、この二つに統計的優位性はないものとして稼働させているからです。作者さんは「癖をつかんで」とか統計的優位性があるかのごとく言っていますが。これは「ない」と思って間違いないと思います。つまり単純に自動でナンピンしてくるEAとして使っています。

 これらの2つのEAはAUD/JPY及びNZD/JPYを一定間隔でナンピンしていき、半値位戻れば少額の勝ちで決済していくという単純なロジックです。このロジックにおいては、「もし一方的な円高が戻りもなしに進めば」、この一度の負けで「破綻」ということになります。これが目に見えてわかるので多くの人はこれらのEAを敬遠することになっているかと思います。

そもそも本当に破綻するのか。

 ここで考えてほしいのは「もし一方的な円高が戻りもなしに進めば」という条件です。もしこれがなければこれらのEAは勝率100%で勝ち続けられるということです。AUD/JPYの最安値は55.02円(2008年10月24日)、NZD/JPYの最安値は41.87円(2000年10月)です。資金をこれらの最安値を10円下げた値でも耐えられるように用意しておけばかなりの確率で勝率100%を維持できるのではないでしょうか。さらに万全を期すのであれば1円になっても耐えられるようにしておけば時間はかかるかもしれませんがほぼ勝率100%と思って間違いないと思います。

極端な円高にならないという予想が統計的優位性

 ただし仮に極端な円高になった場合は、かなりの含み損を抱えて長期的に耐えなければならない事態に陥っているわけで、安心というわけには行きません。ですからもし「これから円高になりそれが定着する」と考える方はこの2つのEAは使わない方が良いと思います。反対に「円高というよりはむしろ円安傾向が続く」と考えるならば、この2つのEAは勝率100%のEAということになります。この予想こそが統計的優位性なわけで私がこれらのEAを使っている理由です。

最大6ポジション!癖をつかんで、ロングのみで利益を追求します!
sheep6
sheep6 | fx-on.com

貯金をするように少しずつゆっくり資金を増やしていきます
コツコツじっくり「くろやぎさん」NZD/JPY 複利版
コツコツじっくり「くろやぎさん」NZD/JPY 複利版 | fx-on.com

おすすめはXMマイクロ口座、キャッシュバックはTariTliで

 この2つのEAはsheep6は最大35枚 コツコツじっくり くろやぎさんは最大90枚までナンピンします。したがって大きな単位で運用するとナンピンが進んだ時には資金的に耐えきれなくなる恐れがあります。そのためこれら2つのEAの運用はXMマイクロ口座の利用をおすすめします。

 通常のFX口座の最低単位は海外の場合1000通貨単位ですが、このXMマイクロ口座は10通貨単位から売買ができます。これならばナンピンが進んでも大丈夫なような小さいLOTで運用することができます。さらにXMはリバレッジ最大888倍ですのでポジションをたくさん持った場合でも拘束される証拠金が少なくて済みますので、かなり頑張れるかと思います。

 なおXMマイクロ口座の開設はTariTali経由で行うと取引ごとにキャッシュバックがもらえますので絶対にお得です。

 海外FXキャッシュバック口座開設ならTariTali(タリタリ)